特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』兵庫県立美術館で開催中

ホグワーツ魔法魔術学校のカリキュラムに沿って構成!

特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』兵庫県立美術館で開催中

兵庫県立美術館(神戸市中央区)では現在、特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』が開催中。2017年に大英図書館が企画したこの特別展は、2018年にニューヨークでの開催後に日本での公開を予定していましたがコロナ禍により1年の延期。充実のコレクションがまずは神戸から、いよいよ日本初開幕となりました。
入口からそこはまるでホグワーツ魔法魔術学校!入口からそこはまるでホグワーツ魔法魔術学校!
特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』兵庫県立美術館で開催中 [画像]
同展は、旅・魔法薬学・錬金術・薬草学・呪文学・天文学・占い学・闇の魔術に対する防衛術・魔法生物飼育学・過去、現在、未来の10章から構成。The Journey=旅がテーマの1章では、原作者J.K.ローリング直筆のあらすじやスケッチ、そして「ハリー・ポッター」のイラストレーターであるジム・ケイによる≪『ハリー・ポッターと賢者の石』の9と3/4番線の習作≫などが鑑賞できますよ。

2章から9章までは、ホグワーツ魔法魔術学校のカリキュラムに沿った内容で構成。引き抜かれると叫び声を上げると言われる「マンドレイク」についての資料や薬瓶、占いの水晶玉に人魚や龍のミイラなど、まるで本当に魔法魔術学校に通っているかのような展示が並びます。さらに、ハリー・ポッターはじめスネイプ先生やルーピン先生といった人気のキャラクターのスケッチも必見です。
特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』兵庫県立美術館で開催中 [画像]
奥の壁には、羽のついたクィディッチのボール「金のスニッチ」が飛んでいましたよ!奥の壁には、羽のついたクィディッチのボール「金のスニッチ」が飛んでいましたよ!
10章では、「ハリー・ポッター」シリーズの過去、現在、未来について構成されています。世界中の「ハリー・ポッター」小説や舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』のオリジナル衣装などが見学できますよ。
舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』のオリジナル衣装も!舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』のオリジナル衣装も!
「ハリー・ポッター」シリーズのファンにはもちろん、魔法や魔術といったファンタジー・不思議な世界が好きな方にとってもたまらない特別展となっています。また、世界観そのままに楽しめるオリジナルグッズも多数販売中。ホグワーツ魔法魔術学校に来たかのような体験をしに訪れてみてはいかがでしょうか。
バジリスクモチーフのスパークリングボトル 990円と白雲石コースター 880円、図録 2800円。<br />
どれも魔法が使えそうなデザイン!バジリスクモチーフのスパークリングボトル 990円と白雲石コースター 880円、図録 2800円。
どれも魔法が使えそうなデザイン!

写真

詳細情報

開催日時
2021年9月11日(土)~11月7日(日)
場所
兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~18:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
※ただし9月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館
料金
<一般>
前売日時指定券 1,800円、当日 2,000円

<大学生>
前売日時指定券 1,300円、当日 1,500円

<70歳以上>1,000円
<障がいのある方>一般 500円、大学生 350円
<高校生以下>無料
予約・チケット購入方法
詳細はこちらを確認
問い合わせ
兵庫県立美術館
TEL 078-262-1011

Kiss PRESS編集部:田中

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる