宝塚市立文化芸術センター 中辻悦子展『WHO IS THIS? あなたは、誰(だあ)れ』

このイベントは終了しました。

1度見ると忘れられない、不思議な世界へようこそ

宝塚市立文化芸術センター 中辻悦子展『WHO IS THIS? あなたは、誰(だあ)れ』

宝塚市立文化芸術センターでは、9月4日から『中辻悦子展 ーWHO IS THIS? あなたは、誰(だあ)れー』が開催されています。10月11日まで。
中辻悦子さんの作品「合図-eyes-「顔絵」オレンジアイズ」 2009年制作中辻悦子さんの作品「合図-eyes-「顔絵」オレンジアイズ」 2009年制作
同展は宝塚ゆかりのアーティストを毎年1人ずつ紹介する「Made in Takarazuka」シリーズの第2弾。2001年より宝塚市大使を務める中辻悦子さんは、シンプルな造形で不思議な世界を醸し出す美術家です。
中辻悦子さん中辻悦子さん
現代版画コンクール展大賞 、日本絵本賞、ブラティスラヴァ世界絵本原画展でグランプリ、宝塚市制60周年記念文化功労表彰など多数の受賞歴をもち、夫である画家・故元永定正さんと共作で、神戸市なぎさ公園のモニュメント「夢きずな」なども手掛けています。
中辻悦子さんの作品「フローティング」1982年~2021年制作中辻悦子さんの作品「フローティング」1982年~2021年制作
展覧会では、4部構成で作品を紹介していきます。第1章 「人形(ひとがた)」では、300体ものポコ・ピンとフローティング(漂う)作品50体を展示。第2章「ひとのかたち」では、シンプルなラインで描き出された人物像を鑑賞できます。
中辻悦子さんの作品「合図-eyes-「顔色」ブルー」2009年制作中辻悦子さんの作品「合図-eyes-「顔色」ブルー」2009年制作
第3章「木のかたち」では、彫刻家のように木を刻むのではなく、木片を継ぎ足して描くようにかたちづくっていく作品が、第4章の絵本とデザインでは、アーティスト林勇気氏の協力で、「よるのようちえん」が映像で登場しますよ。
中辻悦子さんの作品「無題」2019年制作中辻悦子さんの作品「無題」2019年制作
また、9月18日には、中辻悦子さんによるギャラリートークを開催します(予約不要、要観覧料)。1度見ると忘れられない、独特な世界観を堪能してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

タイトル
中辻悦子展 ーWHO IS THIS? あなたは、誰(だあ)れー
※「辻」は正しくは1点しんにょう
※ギャラリートークなどの詳細はこちら
※対談「宝塚と中辻悦子」の予約受付は終了
期間
2021年9月4日(土)~10月11日(月)
10:00~18:00(入場は17:30まで)
※毎週水曜休館(祝日は除く)
場所
宝塚市立文化芸術センター 2階メインギャラリー
(宝塚市武庫川町7-64)
GoogleMapで探す
観覧料
一般(高校生以上):800円
中学生以下無料
※障がい者手帳提示でご本人様、付添の方1名まで無料
問い合わせ
0797-62-6800

Kiss PRESS編集部:廣田

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる