src-web03
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

最強の殺し屋が挑む究極ミッション!誰も殺さず、希望を守れ。

累計800万部の人気を誇る原作コミックを岡田准一主演で映画化した『ザ・ファブル』の続編、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日より公開されます。
©2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会©2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
前作は世界基準アクション、ハッピーな笑い、そして超豪華キャスト共演が大きな反響を呼び、累計130万人以上を動員するヒットを記録。前作に引き続き出演する豪華キャストと、新たに参戦するキャストが入り乱れ、前作をはるかに超えるアクションと笑い、そして衝撃のラストが待ち受けます。
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』 [画像]
<ストーリー>
どんな相手も6秒以内に仕留める、伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)。ある日、ボス(佐藤浩市)から「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で、相棒・ヨウコ(木村文乃)と共に一般人のフリをして暮らし始める。猫舌で変わり者のアキラは、今日もバイト先の社長(佐藤二朗)と同僚のミサキ(山本美月)と関わりながら「プロの普通」を極めるため奮闘中。一方この街では、表向きは子供を守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆(堤真一)が暗躍。凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃えていた。同じ頃アキラは、4年前のある事件で自分が救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然再会し、これが後に大騒動へと発展する―。

詳細情報

公開日
2021年6月18日(金)
監督
江口カン
原作
南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤンマガKC」刊)
出演
岡田准一
木村文乃、平手友梨奈、安藤政信
黒瀬 純、好井まさお、橋本マナミ、宮川大輔
山本美月、佐藤二朗、井之脇海/安田 顕/佐藤浩市
堤 真一
配給
松竹
劇場(兵庫)
神戸国際松竹
MOVIXあまがさき
109シネマズHAT神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
イオンシネマ明石
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
イオンシネマ三田ウッディタウン
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ加古川

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる