src-web03
映画『キャラクター』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『キャラクター』

相まみえるはずのない「二人」が出会い、事件となる—

もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見て、その顔を“キャラクター”化した漫画を描いて売れてしまったとしたら…そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント『キャラクター』が6月11日より公開されます。
©2021映画「キャラクター」製作委員会©2021映画「キャラクター」製作委員会
スケッチに向かった先で、一家殺人事件の現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城を菅田将暉が、山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角(もろずみ)を本作が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが演じています。「20世紀少年」「MASTERキートン」をはじめとする浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて完成させたオリジナルストーリー。
映画『キャラクター』 [画像]
<ストーリー>
漫画家として売れることを夢見る山城圭吾(菅田将暉)は、高い画力があるにも関わらず、お人好しすぎる性格ゆえにリアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。ある日山城は、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かけることに。住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れる。そこで彼が目にしたのは、見るも無残な姿になり果てた4人家族、そして、彼らの前に佇む一人の男…。

事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と嘘をつく。それどころか、自分だけが知っている犯人を基に殺人鬼の主人公“ダガー”を生み出し、サスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き始める。山城に欠けていた本物の“悪”を描いた漫画は異例の大ヒットし売れっ子漫画家に、そして恋人の夏美(高畑充希)とも結婚し順風満帆の生活を手に入れた。しかし、まるで漫画「34」で描かれた物語を模したような4人家族が次々と狙われる事件が続く。あまりにも漫画の内容と事件が酷似していることを不審に思った刑事の清田俊介(小栗旬)は山城に疑いの目を向けるが…。
映画『キャラクター』 [画像]

詳細情報

公開日
2021年6月11日(金) [PG12]
出演
菅田将暉、Fukase(SEKAI NO OWARI)
高畑充希、中村獅童、小栗 旬
原案
長崎尚志
脚本
長崎尚志、川原杏奈、永井 聡
監督
永井 聡
配給
東宝
劇場(兵庫)
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
109シネマズHAT神戸
TOHOシネマズ西宮OS
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ明石
イオンシネマ三田ウッディタウン
イオンシネマ加古川
アースシネマズ姫路

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる