src-web03
映画『グリーンランド ―地球最後の2日間―』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『グリーンランド ―地球最後の2日間―』

世界が確実に48時間で終わるとき、あなたは何をしますか?

世界崩壊まで残り48時間、そのとき何ができるのか…?徹底したリアリティと最新VFXが生んだ―地球最後の2日間の映像黙示録『グリーンランド ―地球最後の2日間―』が6月4日より公開されます。
©︎2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED©︎2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
地球規模の危機に直面する中で “解決に苦悩する科学者や政府”“ヒーロー達の献身的な活躍”が幾多のディザスター映画で描かれてきた。しかし、科学者や軍人ではなく、国の要人でもない普通の人間が、現実の世界で、何も分からないまま絶望的な極限状況に放り込まれたときに何ができるのか?本作は突如現れた彗星による世界崩壊までの48時間を、状況も分からないまま生き残る道を必死で探すごく普通の一家の目線で描き、徹底したリアリティと最新VFX映像で贈るリアルディザスターアクション。
映画『グリーンランド ―地球最後の2日間―』 [画像]
<ストーリー>
突如現れた彗星の破片が隕石となり地球に衝突。平和な日常は一瞬で吹き飛んだ。各国の大都市が破壊され、更なる巨大隕石による世界崩壊まで残り48時間に迫る中、政府に選ばれた人々の避難が始まり、建築技師の能力を見込まれたジョン・ギャリティ(ジェラルド・バトラー)、その妻であるアリソン(モリーナ・バッカリン)と息子のネイサン(ロジャー・デイル・フロイド)も避難所を目指して輸送機に向かうことに。しかし、離陸直前にネイサンの持病により受け入れを拒否され、家族は離れ離れになってしまう。ジョンが必死で妻子を探す中、誘拐されて医療処置を必要としているネイサンの救出に走るアリソン。人々がパニックに陥って無法地帯と化していく状況と闘いながら、生き残る道を探すギャリティ一家は、やがて人間の善と悪を目の当たりにする…。
映画『グリーンランド ―地球最後の2日間―』 [画像]

詳細情報

公開日
2021年6月4日(金)
監督
リック・ローマン・ウォー
出演
ジェラルド・バトラー、モリーナ・バッカリン、ロジャー・デイル・フロイド、スコット・グレン
配給
ポニーキャニオン
劇場(兵庫)
OSシネマズ神戸ハーバーランド
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる