「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区

海に続く青い道で海色の本屋さんを見つけました

小さな「自由港書店(じゆうこうしょてん)」が、JR須磨海浜公園駅近くに5月1日オープンします。どんな本屋さんなのか気になっていたので、オープン前に一足早く訪ねてみました。
「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区 [画像]
JR須磨海浜公園駅を海側に出ると、青い一本道が海に向かって続いています。スマスイ(須磨海浜水族園)に向かう道ですね。その途中にレトロなビル1階の小さな扉が開いているので、すぐわかるはずです。
「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区 [画像]
海や船、港をイメージさせる小さな空間は、木の温もりと「その狭さ」が、はじめて訪ねた場所と思えない居心地の良さを感じさせてくれるんです。大人が好きなちょうどいい狭さです(笑)。
公式Instagram公式Instagram
「自由な気持ちになれるような、本や雑貨をそろえているんです。」と話す店主の思いが詰まった店内には、絵本や小説、美術書・アートブック、ZINE(自由な自主制作出版物)などが並んでいます。
「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区 [画像]
立ち寄った誰もが、自分のお気に入りの一冊に出会えるような気がしますね。
公式Instagram公式Instagram
物静かで言葉を選びながら、やさしく流れるように話す店主も魅力的でしたよ。
気になる本とかあれば尋ねてみてくださいね。
本棚にもインテリアにも思いがこもっています本棚にもインテリアにも思いがこもっています
東北の小学校で使われていた本箱やアンティークな棚、やさしい光で旅人(お客さん)を出迎えてくれる船舶用の灯りなど、こだわりの素敵アイテムが店内を彩っているのを見るのも楽しいですよ。
店の一番奥には船舶用の灯りが旅人を導きます店の一番奥には船舶用の灯りが旅人を導きます
ここは、気持ちの急ぎすぎている大人が「忘れていた懐かしい時間を巻き戻せる」、そんな場所のような気がしますね。海岸散歩の途中に、ふらりと立ち寄ってみたくなる一軒ですよ。

〈書店への楽しいアクセス方法〉
「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区 [画像]
駅から青い道をたどって
ピンクの魚を足元に見つけたら
もうすぐです。
「自由港書店」須磨海浜公園駅にオープン  神戸市須磨区 [画像]
ラッコの印で立ち止まってくださいね。
ほら、到着ですよ!

写真

詳細情報

オープン日
2021年5月1日(土)
場所
自由港書店(じゆうこうしょてん)
(神戸市須磨区衣掛町4-2-12 内田ビル1F)
GoogleMapで探す

JR須磨海浜公園駅南口から南に徒歩2分。海に向かう青い一本道の途中にあります
営業時間
13:00~19:00
定休日
月、火曜日
問い合わせ
shop_info@jiyukoh.jp

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:三宅

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる