映画『21ブリッジ』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『21ブリッジ』

マンハッタン島、完全封鎖。島を警官で埋め尽くせ!

『ブラックパンサー』で知られるチャドウィック・ボーズマン、最後の主演&プロデュース作品『21ブリッジ』が4月9日より公開されます。
©️2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved. ©️2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
殺人強盗犯を追跡するために、ニューヨーク・マンハッタン島にかかる21の橋を全て封鎖する。このシンプルにして大胆なアイデアを核に、夜のニューヨークを巻き込んだ犯罪追走劇。たった一夜の出来事がスリリングかつダイナミックに展開します。
映画『21ブリッジ』 [画像]
監督は「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズを手掛けたブライアン・カーク。そして製作を『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督、ルッソ兄弟(ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ)が手掛けます。
映画『21ブリッジ』 [画像]
<ストーリー>
ニューヨーク市警(NYPD)の殺人課に所属するアンドレ・デイビス刑事(チャドウィック・ボーズマン)は、同じ警官だった亡き父親への想いを胸に、忙しい日々を過ごしていた。そんなある日の真夜中、大量のコカインを奪って逃げた犯人2人組が現場を去る前に警察官を殺害する事件が発生。アンドレは、NYPD85分署のマッケナ署長(J・K・シモンズ)の指令により、麻薬取締班のフランキー刑事(シエナ・ミラー)と組んで捜査をはじめる。そしてマンハッタン島に掛かる21の橋すべてを封鎖し、追い詰める作戦に出た。ただし時間は午前5時まで。夜明けまでには犯人の居場所を突き止め、逮捕しなければならない。しかし、アンドレは追跡を進めるうち、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることを悟る―。

詳細情報

公開日
2021年4月9日(金)
監督
ブライアン・カーク
製作
ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ
出演
チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給
ショウゲート
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる