古酒の舎『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』淡路市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

古酒の舎『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』淡路市

完全予約制!お酒好きのためのペアリングイベント

「古酒の舎 -KOSYUNOYA-」(淡路市)で、異なる酒蔵、年度、酒類の高級古酒をワイングラスで飲み比べができるお酒好きのためのイベント『新しいお酒の世界~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』が開催されます。期間は、3月中の土曜日と日曜日で、各日3回行われます。
古酒の舎『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』淡路市 [画像]
ワインやウィスキーなど洋酒の世界では当たり前である“時が織りなす熟成”が、価値をあげるには必要です。特に日本酒は、新酒で飲むのが当たり前となり、2年3年以上経過したものは「ダメになる」が定説となってしまいました。しかし、しっかりと管理をし長期間貯蔵したお酒は、艶やかな色、芳醇な香り、深い味わいへと変化を遂げ、日本酒とは思えず、まるで洋酒のような高級酒として生まれ変わるんだとか。「古酒の舎」には、ワインソムリエと共に厳選した平均20年、最長37年の熟成酒を45酒蔵、60銘柄が取り揃えられています。
古酒の舎『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』淡路市 [画像]
今回は、各回6名の完全予約制の限定イベント。香り高く爽やかな余韻が残る「2000朝日川(あさひかわ)」や、口に入れた瞬間に爽やかに香る「2009幻の瀧(まぼろしのたき)」などの選りすぐり10銘柄の高級古酒(日本酒、梅酒、焼酎)と、チョコレートやドライフルーツ、バニラアイスなど、それぞれに合うペアリングを、専門スタッフの解説と共に堪能できます。
古酒の舎『新しいお酒の世界 ~國酒の希少な長期熟成古酒の体験~』淡路市 [画像]
淡路島西海岸のパノラマの海と空の眺望を独占しながら、ゆったりと古酒の新しい世界を堪能する最高の贅沢な時間を過ごしてみませんか。

詳細情報

期間
2021年3月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
場所
古酒の舎 2階バー
(淡路市野島大川70「青海波」)
GoogleMapで探す
開催時間
12:25~13:25、14:15~15:15、16:15~17:15
(各日3回、各回約1時間)
定員
各回6名(最少催行人数1名)
参加費
1人 5,000円(税抜)
内容
・専門スタッフからの古酒の歴史や熟成の仕組み、その希少性などの解説
・熟成古酒10種飲み比べ(日本酒5種、梅酒3種、焼酎2種)
・ペアリング体験(おつまみ5種、デザート1種)
申し込み方法
以下、いずれかをお選びください
・メール info@takumisousei.jp  
・TEL 070-3349-9150(受付12:00~19:00)
→参加ご希望日、時間、人数、予約代表者名、お電話番号をお知らせください
こちらのインターネットの事前決済サイト申し込み
お問い合わせ
070-3349-9150
(受付12:00~19:00)
アクセス方法
こちらから

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:中嶋

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる