兵庫県立美術館 特別展「コシノヒロコ展」

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

兵庫県立美術館 特別展「コシノヒロコ展」

安藤忠雄建築の展示室・大階段でダイナミックに展示

兵庫県立美術館は4月8日より、特別展『コシノヒロコ展-HIROKO KOSHINO EX・VISHION TO THE FUTURE 未来へ-』を開催。今なおアクティヴな活躍を続ける、大阪生まれ、芦屋在住のデザイナー・コシノヒロコの大規模な展覧会です。
コシノヒロコ《WORK#1615》 2016年コシノヒロコ《WORK#1615》 2016年
コシノは、「ファッション」や「デザイン」という言葉が定着する以前から洋服づくりにかかわり、着るものの持つ力を実感してきたデザイナー。人間を、年齢や性別、国籍や民族、社会的地位を超えるものとして捉え、個としてのアイデンティティーを重視するコシノは、クリエイターとしての活動の中で既存の枠組みにとらわれない独自性を追求し続けてきました。
(左)コシノヒロコ、(右)コシノヒロコ《2011年春夏コレクション》 2011年(左)コシノヒロコ、(右)コシノヒロコ《2011年春夏コレクション》 2011年
本展では、歴代コレクションで発表された洋服、そのデザインの源としてきた絵画制作、若手アーティストとのコラボレーションなどを通して、未来のもつ可能性を絶えず見つめて歩んできたコシノヒロコの全貌に迫ります。歴代コレクションから選りすぐった代表作約250点は、コシノ自身が再びコーディネートして展示。また、洋服の代表作20点は、兵庫県立美術館のシンボルであり安藤忠雄建築の大階段で披露されるそうですよ。
コシノヒロコ《WORK#1078》 2013年コシノヒロコ《WORK#1078》 2013年
期間中は、コシノヒロコとゲストによるトークショー(要観覧券)やファッションショー(要観覧券)、 「2020春夏コレクション ~コレクションができるまで~」の上映会なども予定されています。※新型コロナウイルス感染防止のため、予定を変更する場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
コシノヒロコ《2002年秋冬コレクション》 2002年コシノヒロコ《2002年秋冬コレクション》 2002年

詳細情報

期間
2021年4月8日(木)~ 6月20日(日)
場所
兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1 HAT神戸内)
GoogleMapで探す
時間
10:00〜18:00
※金・土曜は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(ただし5月3日は開館し、5月6日は休館)
料金
一般1,800円、大学生1,400円
高校生以下無料、70歳以上900円
障がいのある方:一般 450円、大学生 350円
※予約優先制
※3月25日10:00から予約申込・販売開始

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる