姫路文学館『姫路文学館KOTOBAまつり』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

姫路文学館『姫路文学館KOTOBAまつり』

小さな子どもも一緒に!親子で楽しむ人形劇とパネル展 

姫路文学館(姫路市)で『KOTOBAまつり』が開催されます。今年は人形劇(要申し込み/3月21日)とパネル展(3月2日から31日まで)が実施されます。
人形劇「でこぼこげきじょう」人形劇「でこぼこげきじょう」
市民に文学とふれあう場を提供する恒例の同イベント。3月21日に実施予定の人形劇「でこぼこげきじょう」では、長崎のわらべ唄から出てきたちいさな竜と女の子の楽しくて少し切ない「でんでら竜がでてきたよ」、ちいさな猫のニヤが初めての外の世界を楽しむ「ニヤのだいぼうけん」の2つが上演されます。定員は各回80人。往復ハガキ、またはホームページの専用フォームから申し込み受付中です。

また、パネル展では、さまざまな震災に際し播磨ゆかりの文人が残した記録やエピソード等を紹介する「文人たちの震災」を予定しています。観覧料は無料ですので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

詳細
パネル展:2021年3月2日(火)〜31日(水)
場所 南館さんかくギャラリー
※月曜休館

人形劇:2021年3月21日(日)
1回目 11:00〜11:45まで(開場は、10:40から)
2回目 13:30〜14:15まで(開場は13:10から)
場所 姫路文学館講堂(北館3階)
申し込み 往復ハガキ、または、ホームページの専用フォーム
(詳細はこちらから)
※2021年3月5日(金)必着

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる