映画『哀愁しんでれら』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『哀愁しんでれら』

王子様と結婚したシンデレラは本当に幸せになったのでしょうか?

土屋太鳳×田中圭、シンデレラストーリーのその先を描く、禁断の“裏”おとぎ話サスペンス『哀愁しんでれら』が2月5日より公開されます。
©︎2021「哀愁しんでれら」製作委員会©︎2021「哀愁しんでれら」製作委員会
本作の監督・脚本を務めるのは、『3月のライオン』や『ビブリア古書堂の事件手帖』の脚本を手掛けた渡部亮平。渡部監督の「シンデレラは、王子様と結婚してからどうなったのだろう?」という疑問に、モンスターペアレンツにまつわる事件のニュースをかけ合わせて生まれたオリジナルストーリーは、誰も予想できないラストを迎え、「シアワセって何?」という問いを観客に投げかけます。
映画『哀愁しんでれら』 [画像]
<ストーリー>
児童相談所で働く⼩春(土屋太鳳)は、⾃転⾞屋を営む実家で⽗と妹と祖⽗と4⼈暮らし。母に捨てられた過去を抱えながらも、幸せでも不幸せでもない平凡な毎⽇を送っていた。しかしある夜、怒涛の不幸に襲われ⼀晩ですべてを失ってしまう。そんな彼女に手を差し伸べたのが、8歳の娘・ヒカリを男⼿ひとつで育てる開業医の⼤悟(田中圭)。優しく、裕福な⼤悟は、まさに王⼦様。「ただ幸せになりたい」と願う小春は、出会って間もない彼のプロポーズを受け⼊れ、不幸のどん底から⼀気に幸せの頂点へ駆け上がる。シンデレラの物語ならここで“めでたしめでたし”。しかし、小春の物語はそこでは終わらなかった…。

詳細情報

公開日
2021年2月5日(金)
監督・脚本
渡部亮平
出演
土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈 ほか
配給
クロックワークス
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
神戸国際松竹
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
イオンシネマ三田ウッディタウン
イオンシネマ加古川

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる