映画『天外者』

映画『天外者』

時代を超え、志は未来に生き続ける―

激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいた―。武士の魂と商人の才を持つその男・五代友厚(ともあつ)は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げたのです。そんな日本の未来を切り開いた“五代友厚”の物語を映画化した『天外者』(てんがらもん)が12月11日より公開されます。
©️2020「五代友厚」製作委員会©️2020「五代友厚」製作委員会
2013年から企画がスタートした本作は、長い歳月を経てついに悲願の映画公開が実現しました。主演を務めたのは三浦春馬。功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた五代友厚の志と熱い思いが、時代を超えて今、解き放たれます。混沌と不安の時代に問う、壮大な歴史青春群像劇です。
映画『天外者』 [画像]
<ストーリー>江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士、五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)が全速力で駆け抜ける。なぜか二人は、大勢の侍に命を狙われていた。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった―。
映画『天外者』 [画像]

詳細情報

公開日
2020年12月11日(金)
監督
田中光敏
脚本
小松江里子
出演
三浦春馬、三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵/蓮佛美沙子、生瀬勝久 ほか
配給
ギグリーボックス
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
イオンシネマ明石
TOHOシネマズ西宮OS
イオンシネマ加古川
イオンシネマ三田ウッディタウン

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる