街を、もっとおもしろくKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
映画『ホテルローヤル』

このイベントは終了しました。

孤独を抱える人々は「非日常」を求め、扉を開く―

映画『ホテルローヤル』

原作は累計発行部数100万部を超える桜木紫乃の直木賞受賞作。桜木の実家だったラブホテルを舞台にした七編の連作を、現代と過去を交錯させ一つの物語へ大胆に映像化した『ホテルローヤル』が11月13日より公開されます。
©️桜木紫乃/集英社 ©️2020映画「ホテルローヤル」製作委員会©️桜木紫乃/集英社 ©️2020映画「ホテルローヤル」製作委員会
メガホンをとるのは『百円の恋』や『嘘八百』、「全裸監督」など精力的な活動を続ける武正晴監督。誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人々が訪れる場所「ホテルローヤル」と共に人生を歩む、ホテル経営者の一人娘の雅代(波瑠)が見つめてきた、切ない人間模様と人生の哀歓が描かれます。
映画『ホテルローヤル』 [画像]
<ストーリー>北海道、釧路湿原を望む高台のラブホテル。美大受験に失敗した雅代(波瑠)は居心地の悪さを感じながら、家業であるホテルを手伝うことに。アダルトグッズ会社の営業・宮川(松山ケンイチ)への恋心を秘めつつ、黙々と仕事をこなす日々。甲斐性のない父・大吉(安田顕
)に代わり半ば諦めるように継いだホテルには、「非日常」を求めて様々な人が訪れる。投稿ヌード写真の撮影をするカップル、子育てと親の介護に追われる夫婦、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師。そんな中、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的に。さらに大吉が病に倒れ、雅代はホテルと、そして「自分の人生」に初めて向き合っていく…。

詳細情報

公開日
2020年11月13日(金)[PG12]
監督
武 正晴
脚本
清水友佳子
原作
桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊)
出演
波瑠、松山ケンイチ、余 貴美子、原 扶貴子、伊藤沙莉、岡山天音、友近、夏川結衣、安田 顕
配給
ファントム・フィルム
劇場(兵庫)
109シネマズHAT神戸
OSシネマズミント神戸
MOVIXあまがさき
TOHOシネマズ西宮OS
TOHOシネマズ伊丹

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる