映画『461個のおべんとう』

親から子へ送る、3年間の“おいしいラブレター”

映画『461個のおべんとう』

笑って泣ける親と子の絆と無骨だが愛情がたっぷり詰まった“心においしい、ハッピーベントーテインメント”『461個のおべんとう』が11月6日より公開されます。
©️2020「461個のおべんとう」製作委員会

今年結成30周年を迎える「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美が、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続けた、親子の実話を映画化。原作は「料理本で泣いたのは初めて」「家族の意味を考えさせてくれる特別なお弁当エッセイ」など大きな反響を呼びました。

ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役は井ノ原快彦。一樹の息子・虹輝役には関西ジャニーズJr.で人気急上昇中のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が抜擢されています。原作者でありミュージシャンの渡辺俊美は、音楽面でも作品に参加し、本作のために書き下ろした楽曲を、劇中バンドのメンバーである井ノ原快彦、KREVA、やついいちろうの3人が演奏する本格的なライブパフォーマンスにも注目です。

<ストーリー>長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗。これまで自由に生きてきた一樹は、“学校だけがすべてではない”と思っていたが、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。

そして翌年の春、見事に高校に合格。一樹が学校の昼食について問うと「父さんのお弁当がいい」と虹輝。この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…、一樹はお弁当を作る。おべんとうを通じて次第に変わっていくふたりの関係。そして、461個目のおべんとうが繋いだ先にある明日とは…?

詳細情報

公開日
2020年11月6日(金)
原作
渡辺俊美( TOKYO No.1 SOUL SET )
「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
監督
兼重 淳
脚本
清水 匡、兼重 淳
出演
井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
森 七菜、若林時英・阿部純子、野間口徹、映美くらら
KREVA、やついいちろう/坂井真紀、倍賞千恵子
配給
東映
劇場(兵庫)
OSシネマズ神戸ハーバーランド
アースシネマズ姫路
MOVIXあまがさき
イオンシネマ明石
TOHOシネマズ西宮OS

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる