ニジゲンノモリ『ゴジラ迎撃作戦』いよいよオープン 淡路市

ニジゲンノモリ『ゴジラ迎撃作戦』いよいよオープン 淡路市

ゴジラが全長約120mの実物大で登場

兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」(淡路市楠本)に、ゴジラの世界観を再現した新しいアトラクション『ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~ 』が10月10日にオープンします。
ニジゲンノモリ『ゴジラ迎撃作戦』いよいよオープン 淡路市 [画像]
ゴジラファン待望の、映画『シン・ゴジラ』のゴジラをモデルにした世界最大級の全長約120メートルの等身大ゴジラがついに登場!参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、東宝が制作した映画さながらのアトラクション映像を通じて、淡路島に現れたゴジラに対して繰り広げられる『ゴジラ迎撃作戦』の説明を受けます。
山崎紘菜さん(三枝研究員役)、松尾諭さん(政府関係者役)山崎紘菜さん(三枝研究員役)、松尾諭さん(政府関係者役)
そして、活動停止となったゴジラを観測するため、専用のハーネスを着けて体験するジップライン。細部までこだわり抜いたゴジラの体内に突入する長さ162mの「体内突入コース」と、巨大ゴジラの体表に接近して滑走する長さ152mの「体外監視コース」の2コースから選択できます。
ニジゲンノモリ『ゴジラ迎撃作戦』いよいよオープン 淡路市 [画像]
ゴジラに接近した後は、活動停止中のゴジラの体表より飛散したゴジラ細胞の増殖を食い止めるため、専用の銃でゴジラ細胞を殲滅する「対ゴジラ細胞シューティング」アトラクションにチャレンジ!ゴジラの強大さと迫力を存分に体感できるエンターテインメントアトラクションです。
淡路島に現れたゴジラと背後に見える明石海峡大橋淡路島に現れたゴジラと背後に見える明石海峡大橋
シアターでしか見ることのできないアトラクション映像では、2017年に文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト」に選出された中川和博さんを監督に迎え、淡路島に現れたゴジラに対して繰り広げられる「ゴジラ迎撃作戦」の全容が描かれています。山崎紘菜さんや松尾諭さんといった豪華俳優陣も出演!東宝制作による映画さながらの大迫力の映像と、本アトラクションのために作られたオリジナルストーリーを観ることができますよ。
ニジゲンノモリ『ゴジラ迎撃作戦』いよいよオープン 淡路市 [画像]
また、8月より先行オープンしていた「ゴジラミュージアム」では、映画撮影にも使用されたゴジラスーツとビル群などを使用して名シーンを再現したジオラマなどファンのみならず楽しめる貴重な映画資料が展示されています。

さらに、ミュージアムショップではニジゲンノモリ限定の描き下ろしオリジナルグッズが販売されるほか、レストラン「モリノテラス」では、淡路島産玉ねぎを使用した黒カレーに赤いラー油を加え、荒ぶる怪獣王の怒りをイメージした「ゴジラカレー」など、見た目にも楽しい14種類の“ゴジラフード”が提供されるそうです!

すでにアトラクションのチケットがWEBで販売されており、公式サイトから購入するとオリジナルポストカードがもらえますよ。ここだけで楽しめるゴジラのアトラクション、ぜひその迫力を体験してみてくださいね。

詳細情報

オープン
2020年10月10日(土)
場所
兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」
『ゴジラ迎撃作戦』エリア
(淡路市楠本2425番)
GoogleMapで探す
時間
アトラクション・ミュージアム
10:00〜22:00
※アトラクションの最終入場は20:00

飲食(モリノテラス)
11:00〜20:00(ラストオーダー 19:30)
料金
大人(12歳以上) 3,800円
小人(5~11歳)2,200円
※価格は税込
※4歳以下は無料(アトラクションは不可、ミュージアムは入場可能)
※アトラクションは身長110cm・体重25kg以上の方に限る
 詳細はこちら

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる