夢但馬周遊バス「たじまわる」の運行再開

城下町・温泉・竹田城跡・但馬牛…但馬をまるっと満喫!

夢但馬周遊バス「たじまわる」の運行再開

但馬エリアをワンコイン(500円)で周遊できる、土日祝限定の夢但馬周遊バス「たじまわる」が6月6日より運行を再開しています。現在運行しているのは「たじまわるプレミアム号」と「たじまわるジオ日本遺産号」の2コース。
たじまわるプレミアム号
コウノトリの様子を間近に見ることができる「コウノトリの郷公園」、名物そばを味わうほか城下町散策が楽しめる「出石」、足湯や食事処も併設する「道の駅ようか但馬蔵」、“天空の城”のような絶景が見られる「山城の郷(竹田城跡)」を巡る「たじまわるプレミアム号」。運行は来年3月まで。

<停車地>城崎温泉駅、豊岡駅、こうのとり但馬空港、コウノトリの郷公園、城下町出石、八鹿駅、道の駅ようか但馬蔵、山城の郷(竹田城跡)、全但バス和田山、和田山駅
たじまわるジオ日本遺産号
7月19日まで運行される「たじまわるジオ日本遺産号」は、湯つぼで温泉たまごも作れる「湯村温泉」、地上40mの絶景を楽しめる余部鉄橋「空の駅」、別名“応挙寺”と呼ばれる「高野山真言宗 亀居山 大乗寺」、但馬牛の歴史展示や但馬牛を使った料理を食べることができる「但馬牧場公園(但馬牛博物館)」、古にタイムスリップしたかのような空間が広がる「以命亭(いめいてい)」、古くから若にも詠まれた名勝地「諸寄」を巡ります。

<停車地>城崎温泉駅、豊岡駅、大乗寺、湯村温泉、但馬牧場公園(但馬牛博物館)、浜坂駅、以命亭(浜坂先人記念館)、諸寄、道の駅あまるべ
出典:全但バス株式会社facebook
新型コロナウイルス感染症防止対策として、乗務員のマスク着用や消毒剤の設置、定期的な喚起、座席数の制限などが行われるそうです。利用者にもマスクの着用や手洗いの徹底などが呼びかけられます。

兵庫県民でも意外と知らない但馬エリアの魅力。実際に観光地を周遊し、美味しいものをいっぱい食べて但馬を満喫してくださいね。豊かな自然は季節によって全く違う表情となるので、季節を変えて何度も訪れたくなるはずです。

<新型コロナウイルス感染症防止対策について>
こちらをご確認ください。

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む