神戸新開地・喜楽館をたすけて!タニマチ(寄付金)募集

2000円で寄席が見られる!名前入りの「喜楽館タニマチ名刺」を進呈

神戸新開地・喜楽館をたすけて!タニマチ(寄付金)募集

神戸新開地にある「喜楽館」(神戸市兵庫区)では、現在「神戸新開地・喜楽館タニマチ制度」と名付けられた寄付金制度が始まっています。
出典:公式サイト
今年7月に開館から2周年を迎える、神戸で唯一の上方落語の定席「喜楽館」。地域の文化芸能の発信拠点として、様々な寄席・演目を行ってきましたが、この度の新型コロナウイルスの流行により約4ヵ月もの間休館を余儀なくされていました。公演が中止となる間にも維持管理費がかかり、今後の運営に財政面で大きな影を落としています。

そんな喜楽館をぜひとも応援してもらえれば、と始まったのが新たな寄付金制度「神戸新開地・喜楽館タニマチ制度」。寄付だけではなく、お礼として「喜楽館タニマチ名刺」の進呈(1万円以上の寄付につき100枚進呈)や入り口の芳名板への氏名・会社名の記載といった特典が用意されています。
「喜楽館タニマチ名刺」イメージ
寄付は公式ウェブサイト・FAXでの申し込み、事務局まで直接の持参でも受け付けています。同館では「喜楽館が研鑽を重ね、芸能・文化の殿堂となった際に『俺が(私が)育ててやったんや』と“偉そうに”言ってもらえれば」と、ユーモアたっぷりに呼びかけています。

「喜楽館タニマチ名刺」
お1人様につき1万円以上で100枚(5万円以上で200枚)進呈、送付。
名刺を使用し、前日までに予約すると2000円で入館できます。

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:田中

続きを読む