映画『星屑の町』

昭和歌謡の名曲にのせて、笑って、泣いて、そして歌って。

映画『星屑の町』

 25年愛され続けた人気舞台を、ヒロインにのんを迎えて映画化した『星屑の町』が3月6日より公開される。

<ストーリー>大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間・市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)がコーラス、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)がボーカルを担当しスタートした「山田修とハローナイツ」。途中参加した西一夫(でんでん)を加え、それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたが、これといったヒット曲もなく、地方を回りながら細々と活動を続けていた。そんなある日、東京から故郷・東北に出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(のん)がグループに加入。すると状況が一変、たちまち人気者になったハローナイツ。思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが─。

写真

この記事をシェア

お気に入り
公開日
2020年3月6日(金)
原作・脚本
水谷龍二
監督
杉山泰一
出演
大平サブロー、ラサール石井、小宮孝泰、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、のん /菅原大吉/戸田恵子 ほか
配給
東映ビデオ
劇場
シネ・リーブル神戸
アースシネマズ姫路

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む