このイベントは終了しました。

子どもたちの視点で考える『都心こどもまちづくり会議』神戸市中央区

30年後の三宮をデザイン

 神戸市中央区にあるデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)などで2月15日と16日に『都心こどもまちづくり会議』が開催される。要申し込み。

 同市は、昨年度7月から神戸市こどもの創造的学びに関する研究会を立ち上げ、次世代を担う創造的人材の育成に、分野・領域の枠を超えて長期的な視野で取り組んでいる。小学3年生から6年生までを対象に行われる同イベントでは、三宮再整備が検討される今、こども達の目線で30年後の三宮のまちづくりについて考えるプログラムが開催される。2日間で街歩きや30年後の三宮の街についてディスカッション、街の模型づくりや完成した未来の街の模型についての発表などを実施予定。

 1月1日から31日まで申し込みを受け付けており、応募多数の場合は抽選が行われる。

日程
2020年2月15日(土)、16日(日)
場所
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)他
(神戸市中央区小野浜町1-4)
GoogleMapで探す
対象
小学3年生~6年生(2日間連続での参加が条件)
定員
20人(応募者多数の場合は抽選を実施)
参加費
無料
募集期間 
2020年1月1日(水)~1月31日(金)
応募方法
神戸市イベント申込フォームから

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む