JR芦屋駅 商業施設『モンテメール』リニューアルオープン

ロゴ、フロア構成を一新

JR芦屋駅 商業施設『モンテメール』リニューアルオープン

 JR芦屋駅の商業施設『モンテメール』が3月13日にリニューアルオープンする。

 1980(昭和55)年に開業後、1998(平成10)年に西館開業を経て、約39年間にわたり営業してきたが2019年3月17日に休館。約1年間の工事期間を経て、芦屋の玄関口にふさわしく地域のにぎわい創出と魅力向上に貢献する施設を目指して生まれ変わる。

 リニューアルでは、本館5階の飲食フロアをJR芦屋駅コンコース直結の西館3・4階に変更し、本館の3階から6階を専門店、地下1階から2階を大丸芦屋店にゾーン分けするなどフロア構成を一新。これまでの主要顧客であったミセス層から、30代から40代を中心とした近隣居住者や駅利用者までターゲットを拡大し、便利で普段使いできる場所、ゆったりくつろげる場所、日常生活に彩りを与えてくれる場所を目指すという。

 また、ロゴデザインも新しくなり、モンテメールを芦屋のまちの流れやひとの流れを象徴する存在として捉え、しなやかな曲線で表現したデザインに。リニューアルをワインが二次発酵を経てスパークリングワインとなることになぞらえ、イメージカラーも40年間愛されてきた「ワインレッド」から「シャンパーニュ」に変更されている。

写真

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる