映画『パリに見出されたピアニスト』

パリ、北駅。すべてはその場所から始まった。

 ラフマニノフ、ショパン、バッハなど数々の名曲が織りなす、音楽への情熱と愛に満ちた感動のドラマ『パリに見出されたピアニスト』が9月27日より公開される。

<ストーリー>パリ郊外の団地に暮らすマチュー(ジュール・ベンシェトリ)。生い立ちに恵まれず、夢を持たずに生きてきたマチューには、近所の仲間に決して明かせない秘密があった。忙しなく人が行き交うパリの主要ターミナル 北駅に、“ご自由に演奏を!”と書かれたピアノを弾くことがマチューの楽しみだった。ある日、マチューの奏でる旋律で足を止めた音楽学校でディレクターのピエール(ランベール・ウィルソン)はその才能に強く惹かれ、マチューをピアニストに育て上げたいと声をかける。乗り気ではなかったがピアノ教師・エリザベス(クリスティン・スコット・トーマス)のレッスンを受けることになったマチューは、周囲の学生との格差や環境の壁にぶつかりながらもピアノのみならず自身も成長していく―。

公開日
2019年9月27日(金)
監督
ルドヴィク・バーナード
出演
ランベール・ウィルソン、クリスティン・スコット・トーマス、ジュール・ベンシェトリ
配給
東京テアトル
劇場(兵庫)
シネ・リーブル神戸
シネピピア(順次公開)

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:木下

ピックアップで掲載中

続きを読む