このイベントは終了しました。

『開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー』西宮市

バウハウスの「教育」とは

 西宮市大谷記念美術館(西宮市)で10月12日から『開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー』が開催される。12月1日まで。

 ドイツの古都ヴァイマールに、1919年(大正8年)建築家ヴァルター・グロピウスにより開校された「バウハウス」は、優れたデザイナーや建築家が育ち、画期的なデザインが生まれた造形学校。1933年(昭和8年)にナチスの弾圧を受け、閉鎖されるまでわずか14年という短い活動期間にもかかわらず造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしたという。

 同展は、今年で開校から100年目を記念し、バウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容が紹介されるほか、その一端を体験できる。また、そこから発展した様々な金属、陶器、織物、家具といった工房での成果や資料など約300点の展示に加え、実際にバウハスに入学した日本人留学生4人の活動を紹介。関連イベントとして講演会や再現授業、ワークショップも実施される。

開催期間
2019年10月12日(土)~12月1日(日)
※水曜休館
場所
西宮市大谷記念美術館
(西宮市中浜町4-38)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
料金
一般1,000円、高大生600円、小中生400円
問い合わせ
西宮市大谷記念美術館
TEL 0798-33-0164

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む