JR新神戸駅にストリートピアノが登場 神戸市中央区

 JR新神戸駅(神戸市中央区)2階改札外待合コーナー付近に7月11日よりストリートピアノが設置される。

 神戸は「日本で初めてプロのバンドによりジャズが演奏された街」と言われおり、ジャズに関連したイベントなど、音楽にかかわる様々な取り組みが行われている。神戸市とJR西日本神戸支社は、音楽による街のにぎわい創出を目的として神戸の“陸の玄関口”である同所にストリートピアノを設置。設置にあたっては、芸術文化事業の支援を通じて文化力で神戸を発信する取り組みを進めている「神戸文化マザーポートクラブ」が支援している。

 担当者は「ストリートピアノを通じて“音楽のまち神戸”の魅力を、全国、世界各地からお越しのお客様にお伝えするとともに、あたたかくお出迎えします」と語る。
設置期間 2019年7月11日(木)~当面の間
利用可能時間 7:00~22:00
※駅の業務の都合上、利用できない場合もあり
場所 JR「新神戸駅」2階 改札外待合コーナー付近
(神戸市中央区加納町1丁目3-1)
GoogleMapで探す

掲載日:2019/7/10 00:00
Kiss PRESS編集部:徳岡

人気の記事



Page Top