「フォレストアドベンチャー朝来」で安全確保システムを新導入

コンティニュービレイシステム
 4月20日よりシーズンオープンを迎えた「フォレストアドベンチャー・朝来」(朝来市)では、今シーズンより安全確保システムを新導入した。

 同施設は、専用のハーネスを装着し、木から木へ空中移動しながらゴールを目指していく「自然共生型アウトドアパーク」として、さのう高原に2011年に誕生した。国内最大級の10メートルの高さから飛び出す「ターザンスイング」と、木の上からスピード感あふれる直下降が楽しめる「ミノムシシュート」が人気を博している。

 今シーズンより安全確保のハーネスに、新システムの「コンティニュービレイシステム・クリキット」を導入。ゲストが操作するにもかかわらず、構造上操作ミスのない安全なシステムだという。また、4月20日より大人1名につき子供の同伴が、従来の2名までから3名までに増員され、高校生であれば大人が見学のみでも体験可能になった。担当者は「より安全安心にアクティビティをお楽しみいただけます」と語っている。
場所 フォレストアドベンチャー・朝来
(朝来市佐嚢66番地)
GoogleMapで探す
体験時間 150分~180分
利用条件 ・小学4年生もしくは身長140cm以上、体重130kg以下
・中学生以下は18歳以上の保護者もしくは同等の資格を持つ人と一緒に参加
・保護者1人につき子ども3名まで同伴可能
・高校生の利用の場合は、保護者の同伴は必要ないが、誓約書の記入と地上からの付き添いが必要
※ジップトリップコースも同様
料金 大人(18歳以上)4,000円、子ども(小学4年生~17歳)3,600円
※その他、各種料金を用意
予約・問い合わせ TEL 090-6739-2195
メール asago@foret-aventure.jp

掲載日:2019/6/16 00:00
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top