映画『いちごの唄』

このイベントは終了しました。

全力で、恋した時間は、永遠なんだ。

映画『いちごの唄』

 『雪の華』「ひよっこ」を手掛けた脚本家・岡田惠和と銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語『いちごの唄』が7月5日より公開される。

<ストーリー>不器用だけど優しい心を持つ青年・コウタ(古舘佑太郎)。たったひとりの親友・伸二(小林喜日)は、中学生の頃に2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日(石橋静河)を交通事故から守るため亡くなってしまった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会する。2人はまた来年も同じ日に同じ場所で会う約束を交わす。それから2人は毎年七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる…。

写真

この記事をシェア

お気に入り
公開日
2019年7月5日(金)
監督
菅原伸太郎
脚本
岡田惠和
原作
岡田惠和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版)
出演
古館佑太朗、石橋静河、和久井映見、光石 研、清原果耶、峯田和伸、宮本信子
配給
ファントム・フィルム
劇場(兵庫)
神戸国際松竹
MOVIXあまがさき

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む