姫路市書写の里・美術工芸館『岩合光昭写真展「ねこといぬ」』 姫路市

©Mitsuaki Iwago
©Mitsuaki Iwago
 動物写真家の岩合光昭さんの写真展『ねこといぬ』が7月20日、姫路市書写の里・美術工芸館(同市書写)で始まる。9月1日まで。

 地球上のあらゆる地域をフィールドに動物写真を撮り続けている岩合さんは、40年以上にわたりネコをライフワークとして『岩合光昭の世界ネコさがし』や『ネコおやぶん』といった著作を発表するほか、今年2月に劇映画『ねことじいちゃん』で初の映画監督を務めている。同展では、「自由きままなネコ」に対して「従順なイヌ」と評されるほど性質のことなる身近な動物・ネコとイヌをモチーフにした写真を紹介。母を亡くした子ネコと親代わりに乳を与え育てるメスイヌや、ご近所の飼い主同様に仲の良いネコとイヌ、いつも寝食を共にする共同アパートのネコとイヌの家族など、約100点の写真を通じてヒトと共存する“仲間”たちの大らかな関係を見ることができる。

 また期間中は、岩合光昭さんによる会場でのギャラリートークとサイン会(8月25日)や、黒猫のきょうだいの中で1匹だけ生まれた白猫が主人公の紙芝居「こねこのシロちゃん」上演(7月25日・8月17日)、自分の好きな「ネコ」や「イヌ」の写真を参考に作品を作る陶芸教室(8月2日・10日、事前申し込みが必要)といった催しも実施される。
開催期間 2019年7月20日(土)~9月1日(日)
時間 10:00~17:00
場所 姫路市書写の里・美術工芸館
(姫路市書写1223番地)
GoogleMapで探す
入館料 一般300円、大学・高校生200円、中学・小学生50円
休館日 月曜日
※祝日の場合は翌日
問い合わせ 姫路市書写の里・美術工芸館
TEL 079-267-0301

掲載日:2019/6/30 00:00
Kiss PRESS編集部:並木

人気の記事



Page Top