このイベントは終了しました。

『赤穂ゆかりの画家たちが描いたパステル画』赤穂市

人生の明るい側面を表現

 赤穂市立美術工芸館田淵記念館(赤穂市御崎)で赤穂ゆかりの画家4人の作品が展示されている『赤穂ゆかりの画家たちが描いたパステル画展』が開催中。7月22日まで。

 パステル画は、人生の明るい側面を表現するのに適し、油絵は人生の暗い側面を表現するのに適しているため、パステルは、愛、幸福、喜び、楽しさなどを表現したい時に使うと効果的と言われているという。

 同展では、赤穂ゆかりの画家・中村 義夫さん、藤本 東一良さん、米谷 朝五郎さん、田中 繁雄さんの4人が愛、幸福、喜び、楽しさなどのイメージで描いた作品を堪能できる。また、6月16日の午後2時から展示説明会が実施され、展示室の中で学芸員による解説を中心とした話を聞きながら鑑賞することができる。

日程
2019年5月22日(水)~7月22日(月)
※6月26日(水)から一部模様替え
場所
赤穂市立美術工芸館田淵記念館
(赤穂市御崎314−10)
GoogleMapで探す
入館料
大人200円、小人100円
時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
毎週火曜日(祝日の場合翌日が休館日)
問い合わせ
赤穂市立美術工芸館田淵記念館
TEL 0791-42-0520

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む