『第3回 三田ビール検定』 三田市

 三田市まちづくり協働センターなどで11月3日、『第3回 三田ビール検定』が開催される。参加申し込みは10月11日まで。

 同検定は日本人で初めてビール醸造に取り組んだとされる三田市出身の蘭学者・川本幸民(かわもとこうみん)にちなみ実施。ビールの歴史や醸造学を学び、三田の歴史・文化・風土、食に親しみを持つことができるユニークな検定となっている。

 検定は4択式の50問で、ビール文化に関する設問7割、三田の歴史文化に関する設問3割で構成されている。初めて受検する参加者は6割以上の正解で「初級」合格、前回初級に合格した参加者は6割以上の正解で「中級」合格となる。合格者には認定書と認定バッジが進呈されるほか、満点合格者には特製ビアマグがプレゼントされる(多数の場合は抽選)。検定の公式テキストは三田市内や阪神間の書店で発売中。
開催日 2019年11月3日(日・祝)
時間 14:00~
場所 三田市まちづくり協働センター など
(三田市駅前町2-1)
GoogleMapで探す
料金 1人3,000円(ペア・グループ割引あり)
定員 250人
受験資格 20歳以上(2019年4月1日時点)
申し込み締め切り 10月11日(金)必着
申し込み方法 こちらから
問い合わせ 三田市 地域戦略室 まちのブランド創造課
TEL 079-559-5217

掲載日:2019/5/20 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡

人気の記事



Page Top