街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

遊びながらお城の魅力を体感できる!夏の特別展

明石市立文化博物館で「迷路遊びからお城イラストへー香川元太郎の作品世界ー」開催 明石市

明石市立文化博物館(明石市)で夏季特別展「迷路遊びからお城イラストへー香川元太郎の作品世界ー」が、7月13日から9月1日にかけて開催されます。

明石市立文化博物館で「迷路遊びからお城イラストへー香川元太郎の作品世界ー」開催 明石市 [画像]

香川元太郎氏は愛媛県松山市出身のイラストレーター。子どもの頃、父親が作ってくれた積み木を使った「迷路遊び」にのめりこみ、まるで迷路のような日本のお城のつくりに惹かれたのがきっかけで、お城めぐりを始めるとともに、お城を自分で描くようになったそうです。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

現在は日本を代表する「お城の復元イラストレーター」として活躍している香川氏。日本画の技法をベースにしつつ、入念な時代考証と地道な現地調査に基づいたイラストは、今では失われてしまったお城のビジュアルを見事によみがえらせてくれます。

今回の特別展では、遊びをきっかけにお城に関心をもった香川元太郎氏の生い立ちをたどり、お城のことがよく分からなくても、子どもから大人まで楽しく鑑賞できるよう工夫をこらしています。

明石のシンボル「明石城」をはじめとする全国各地の緻密で美しいお城イラストの世界をお楽しみください。

<主催者コメント>
お城に関する展覧会ですが、あまり堅く考えずに、ダンボール迷路やさがし絵などで子どもと一緒に遊べるところと思っていただければと思います。子どもの頃に興味をもったことが、大人になってどう展開していくのか。香川氏の生い立ちから感じていただければ幸いです。

<記者のひとこと>
子どもの頃に好きだった迷路遊びから今のイラストレーターとしての地位を確立された香川氏。『迷路絵本』は、海外でも翻訳出版されているそう。地道な積み重ねがあってこそと思いますが、とっても夢がありますね!

詳細情報

開催期間
2024年7月13日(土)~9月1日(日)
場所
明石市立文化博物館
(明石市上ノ丸2丁目13-1)
GoogleMapsで探す
時間
9:30~18:30(入館は18:00まで)
観覧料
一般 1,000円(800円)
大学・高校生 700円(560円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※65歳以上の方は半額
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障碍者保健福祉手帳・ミライロID手帳提示の方と介護者1名は半額
※シニアいきいきパスポート提示で無料
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:澤

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる