街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

樹齢350年!大輪の椿が100輪以上咲き誇ります

多田神社の「唐椿の花」が見ごろに 川西市

多田神社(川西市)で、樹齢約350年とされる「唐椿(とうつばき)」が見ごろを迎えています。期間は4月中旬頃まで。

多田神社の「唐椿の花」が見ごろに 川西市 [画像]

今年は3月の下旬に開花し始めたそうで、境内では100輪以上の花々が咲き誇る壮麗な姿を見ることができます。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

多田神社は天禄元年(970年)に清和源氏の祖、源満仲(みなもとのみつなか)公が創建した多田院に由来。寛文年間(1661~73年)、当時多田院の檀家であった薩摩藩主の島津家が、この唐椿を贈ったそうで、16,000坪の境内に120種類200本を超える椿が点在しているなかで、唐椿はその存在感が大きいのだとか。

多田神社の「唐椿の花」が見ごろに 川西市 [画像]

もともとは中国雲南地方の亜熱帯地域が原産の花で、大輪の八重咲きが特徴。高さは約7メートル、直径10~20cm程の大きな淡い紅色の花が、神社境内拝殿横で咲いています。

多田神社禰宜(ねぎ)の齋木竜也(さいき・たつや)さんは「今年の開花は例年に比べると少し遅めですが、淡いピンク色や深紅など、さまざまな種類の椿が艶やかな花を咲かせていますのでぜひ見にお越しください」と呼びかけています。

多田神社の「唐椿の花」が見ごろに 川西市 [画像]

また、同神社では毎月第一日曜日に「多田の市」を開催。限定の朔日菓子販売や境内内でのヨガなど、地域の約10店舗が出店するほか、月毎に図柄が変わる限定の朱印も授与されます。

<記者のひとこと>
100輪以上もの大きな椿を鑑賞できる多田神社。ちょうど4月7日は市も開かれるので、花と一緒に楽しめる絶好の機会ですよ。

詳細情報

見ごろ
4月中旬頃まで
場所
多田神社
(川西市多田院多田所町1-1)
GoogleMapsで探す
近くで宿泊

Kiss PRESS編集部:大﨑

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる