街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

牧野富太郎が愛した花「バイカオウレン」が早くも開花

『六甲高山植物園』冬季特別開園の早期開催が決定 神戸市

3月15日まで冬季休園中の『六甲高山植物園』(神戸市灘区)で、2月23日から実施が予定されている「冬季特別開園」を、2週間早い2月10日から3月10日の土日祝に実施することとなりました。

いち早く咲き始めた「バイカオウレン」 いち早く咲き始めた「バイカオウレン」

雪を割って咲く早春の花々を観賞できるよう特別に開園されるイベントですが、例年にない暖冬により、牧野富太郎博士が生涯愛した花として知られている「バイカオウレン」が咲き始めたためです。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール

冬の寒さが残るこの時期、ほかの花がまだ咲いていないなか、春一番に咲くバイカオウレンの群落は、約50平方メートルと日本有数の植栽面積を誇ります。

「バイカオウレン」の群落 「バイカオウレン」の群落

バイカオウレン(キンポウゲ科)は林下に生育する高さ4~15cmの多年草。同園では早春に最も早く開花する花で、梅に似た花と端正な五角形の常緑の葉が特徴。 牧野富太郎博士が幼少時、自宅すぐ裏の金峰(きんぷ)神社で見てから生涯愛した花として知られています。

セツブンソウ〈キンポウゲ科〉【花期】2月下旬~3月中旬 セツブンソウ〈キンポウゲ科〉【花期】2月下旬~3月中旬

まばらな温帯夏緑林の林内や草地に生える小型の多年草「セツブンソウ」はバイカオウレンと同じキンポウゲ科で、茎は高さ5~15cm、5枚の白色の萼片から覗く黄色い花弁がよく目立ち、蜜を出して虫を呼び寄せるのだとか。同園には約20,000球が植栽されています。

フクジュソウ〈キンポウゲ科〉【花期】2月下旬~4月上旬 フクジュソウ〈キンポウゲ科〉【花期】2月下旬~4月上旬

金色に咲くその姿から福寿草と記される「フクジュソウ」は、林の周縁部等に生える多年草で、花の咲いている時期は約15㎝程度の高さですが、花後は根茎から多数のひげ根を出し、30㎝程に達するそう。パラボラ型の花で太陽光を中心に集め、その熱で寒い時期に飛ぶ昆虫を呼んでいると考えられています。

ザゼンソウ〈サトイモ科〉【花期】3月上旬~下旬 ザゼンソウ〈サトイモ科〉【花期】3月上旬~下旬

濃い茶色の仏炎苞(ぶつえんほう)がむっくりと顔を出す姿が、達磨大師が座禅を組んでいるようにみえるため、「ザゼンソウ」という和名に。別名「ダルマソウ」と呼ばれるこの花は、開花直後に自ら発熱し、仏炎苞の中は20℃前後になるのだとか。

ヘレボルス・チベタヌス〈キンポウゲ科〉【花期】3月中旬~4月上旬 ヘレボルス・チベタヌス〈キンポウゲ科〉【花期】3月中旬~4月上旬

「幻のクリスマスローズ」と呼ばれ、クリスマスローズの仲間の中で唯一、アジアに分布。プラントハンターのアルマン・ダヴィッド神父が中国の四川省付近で採集し、当時その近辺をチベットと呼んでいたことから、学名に「チベタヌス」と入っているそう。同園では自生地に近い環境で植栽されています。

同期間には早春の花を巡る「花のガイド」(10時30分~、13時~)も開催。3月9日は「ぶらぶら園内ガイド」でおなじみの、沖和行先生による特別ガイドも予定されています。

なお、2月23日には、先着100名様にキレンゲショウマの種がプレゼント。また、期間中は回数券の割引価格(3,920円→3,200円・税込)販売や、2024年度「六甲高山植物園オリジナルカレンダー」プレゼントなどの特典も用意されています。

<記者のひとこと>
今年は全国的な暖冬で、オープンが大幅な遅れを見せているスキー場も多いそう。一方で、早春の便りであるバイカオウレンにいち早く会えるのは嬉しいニュースです。

詳細情報

特別開園期間
2024年2月10日(土)~3月10日(日)の土日祝
場所
六甲高山植物園
(神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150)
GoogleMapsで探す
営業時間
10:00~16:00 (入園受付は15:30まで)
※西入口のみ開門
入園料
大人(中学生以上)800円
小人(4歳~小学生)400円
※特別割引料金適用
近くで宿泊 近くで食事

Kiss PRESS編集部:大﨑

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる