街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

お雛さまと昭和の街並みをミニチュアで再現

川西市郷土館『小さな和の世界展』開催 川西市

川西市郷土館では、昭和レトロな世界をミニチュアで再現した『小さな和の世界展』が開催されています。展示期間は3月15日まで。
川西市郷土館『小さな和の世界展』開催 川西市 [画像]
作品は「アトリエ kinoe-ne」(西宮市)のドールハウス作家・岸本 加代子(きしもと かよこ)さんと、安田 隆志(やすだ たかし)さんが紙や樹脂粘土などを使用して、すべて手作りで制作したもの。本屋や商店のほか、ミニチュアのひな人形も展示されています。

[ 広告 ] 記事の続きは下にスクロール


川西市郷土館『小さな和の世界展』開催 川西市 [画像]
街並みは、昭和45年頃の店舗を作者の記憶や当時の写真・資料をもとに再現。看板やポスターなどは当時の物とそっくりに制作されていることはもちろん、本物の質感を再現するため、素材にもこだわっているのだそう。
川西市郷土館『小さな和の世界展』開催 川西市 [画像]
小さな照明に照らされたレトロな雰囲気のお店の中には、樹脂粘土・本革などで細かく作られ、アクリル絵の具で色付けされたミニチュアの本や食べ物、お菓子、生活雑貨が展示されています。

来館者は「一つ一つがとても精巧で、当時の街並みに自分が入り込んだようです。昭和を知らない世代ですがとても懐かしい気持ちになれました」とコメントしています。

<記者のひとこと>
昭和レトロな街並みを12分の1のサイズで再現!5月7日までは「なつかしの川西展」も開催されているので、ふるさとは昔どんなところだったか、各地の地名の由来などを、写真とともに学ぶことができますよ。

詳細情報

期間
2023年2月11日(土)~3月15日(水)
※詳細はこちらから
場所
川西市郷土館
(川西市下財町4-1)
GoogleMapで探す
※駐車場:約10台あり
開館時間
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜(月曜が祝日の場合はその翌平日)
料金
一般300円、高校・大学生200円
小・中学生150円
※川西市・伊丹市・宝塚市・三田市・猪名川町の小中学生は無料
※65歳以上の方は一般の半額。障害者及びその介護者は半額
近くで宿泊

Kiss PRESS編集部:廣田

記事の続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる