街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

あの老舗の味を再現した、ふわっふわのこだわりかき氷

古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区

神戸三宮にある隠れ家的古民家カフェ「はちみつ茶葉園」で、“あの名店”の味を再現したかき氷が提供されているとのことで取材に伺いました。
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
今年の春、多くの人に愛され続けた神戸の老舗「菊水總本店」の閉店をきっかけに、あの味をどうにか残せないかと商品化に挑戦。なんとか菊水總本店のオーナーさんとコンタクトをとることができ実現したという、今回の特別なメニューをいただきました。


古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
早速お目見えしたのは『純氷 綿菓子氷』の「宇治抹茶みるく」。菊水總本店へのリスペクトを込めて、メニュー名は同じにしているのだとか。詳細なレシピは残っておらず、職人さんの経験と勘を頼りに作られた味を再現するのは至難の業だったそうですよ。うっすらと抹茶をまとった姿がなんともかわいらしい!
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
とろ~りとした濃厚な抹茶シロップをかけていただきます。一口頬張ると、こだわりの宇治抹茶の新緑のような芳醇な香りが口の中いっぱいに広がります。純氷から削り出されたかき氷は、ふわっふわの口溶けでまるで新雪のような軽やかさ!この食感を再現するために、かなり試行錯誤されたのだとか。
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
さらにお好みで練乳とミルクを合わせたさっぱりとした特製ミルクをかけると、抹茶の豊かな味わいがさらに引き立ちました。もっちりぷるんとした白玉と、北海道十勝産の粒あんを一緒にいただくと、優しい甘さについつい顔がほころびます!濃厚な抹茶シロップが雪のような氷と合わさって、すっきりとした味に変化するのも楽しい一品です。
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
次に登場したのは「苺みるく」。国産いちごを生の状態からじっくりと煮詰めて作られたシロップと練乳がたっぷりとかかって、運ばれた瞬間からいちごのいい香りが漂っています。そしてこのフォルム、まさに綿菓子氷!シロップにははちみつを使用しており、いちごの酸味もしっかり感じられる優しい甘さです。
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
別添えのソースで“追いいちご”も可能。生の果肉がゴロっと入っていて、ジューシー感アップ!まるで大きないちごを丸かじりしている気分です!子どもから大人までみんな虜になってしまいそうな味わいです。
古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
かき氷をいただきながら、はちみつ茶葉園特製の「蜂蜜紅茶」でほっと一息。芳醇な香りとやさしいはちみつの甘さが、かき氷でひんやりとしたお口を癒してくれますよ。


古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区 [画像]
約150年の歴史を持つ菊水總本店の味を再現した『純氷 綿菓子氷』は、往年の菊水總本店ファンの方にもお墨付きをいただくほど再現度が高いそう。その味を知らない筆者も、これまで多くの人に愛されてきた歴史と、かき氷が受け継がれたストーリーに想いを馳せながら、古民家を改装した店内でしっかりとかき氷を味わいました。

『純氷 綿菓子氷』の提供は9月初旬までの予定らしいので、気になる方はぜひ早めに足を運んでみてくださいね。訪問する際は予約をすると安心ですよ。

写真

詳細情報

場所
はちみつ茶葉園
(神戸市中央区二宮町3-14-11)
GoogleMapで探す
価格
・苺みるく
・宇治抹茶みるく 各1,280円
(はちみつ紅茶付き)
営業時間
11:00~17:00
19:00~21:00
※夜は予約のみ対応
※今後時間変更する場合あり
 最新情報はインスタグラムをチェック
定休日
不定休
予約・問い合わせ
はちみつ茶葉園 公式Instagram 
hachimitsu_chabaen

Kiss PRESS編集部:秀村

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる