街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

淡路島の桃源郷で世界各国の料理とスイーツに舌鼓!

月替わり多国籍料理「 ÉPiSPa(エピスパ)」実食レポ 洲本市

淡路島洲本市千草の自然に満ちた集落の一角に、月替わりで世界各国の料理とスイーツが楽しめるレストラン「ÉPiSPa(エピスパ)」があります。今回は、7月の月替わりメニュー・ブラジル料理を頂いてきました。
緑深い集落の一角にあるエピスパ緑深い集落の一角にあるエピスパ
洲本市の市街地から自動車で千草川をさかのぼること約15分。緑濃い山に囲まれた「竹原集落」と呼ばれる地区に出ます。ここにはアジサイで有名な「あわじ花山水」という観光農園があり、初夏には多くの観光客が訪れます。多国籍料理とスイーツの店「ÉpiSPa(エピスパ)」は、その「あわじ花山水」を正面に望む小高い丘の上に、昨年秋にオープンしました。



エピスパの3人エピスパの3人
こちらが「ÉPiSPa(エピスパ)」を運営する3人。真中がオーナーシェフの鷲田晃大さん、向かって右側がフロア担当の坂下未花さん、左側がパティシエの関口優美香さんです。鷲田さんは東京都内でフランス料理を修業。その後埼玉県で埼玉県で地中海アラビア料理店の立ち上げを経て、淡路島へ移住してきたとのこと。関口さんは専門学校時代の同級生だったそうです。
キッチンカーでの営業もあり(写真提供:エピスパ)キッチンカーでの営業もあり(写真提供:エピスパ)
このレストランがユニークなのは、世界各国の料理が月替わりで食べられること。これまでにも北欧、レバノン、ミャンマーなど様々な国の料理を紹介して来ました。実店舗の他にも、淡路島内で行われるマーケットやイベントで、キッチンカーによる出店を行っています。
落ち着いた雰囲気の店内落ち着いた雰囲気の店内
店内からのいたる所から緑が見晴らせます店内からのいたる所から緑が見晴らせます
鷲田シェフらスタッフが自らリノベーションした、落ち着いた佇まいの同店。どの窓からも豊かな緑や花々が見えます。テラス席では、ワンコとの食事もOK。店内では、各国の焼き菓子やお茶等も販売されています。
7月はブラジル料理の月7月はブラジル料理の月
そんな同店が7月8日から提供を始めたのが、ブラジル料理です。先日は特別に先行して、ブラジル料理を頂いて来ました。
カカオを使ったドリンク「クラフトカカオスカッシュ」(税込み480円)カカオを使ったドリンク「クラフトカカオスカッシュ」(税込み480円)
カカオ豆を使ったドリンク「クラフトカカオスカッシュ」は、とても新鮮な感覚!カカオニブ(チョコレートの原料)を煮出したシロップを、炭酸ソーダで割りました。優しい甘さにほのかな香ばしさがさわやかです。
ブラジル風コロッケ「コシーニャ」(税込み500円)ブラジル風コロッケ「コシーニャ」(税込み500円)
「コシーニャ」は、ブラジル伝統のしずく型コロッケです。じゃがいもと粉を鶏むね肉のスープ等で練った生地のまん中に、チキンや野菜が入っています。カリッと揚がった表面に、中の食感はもちもち。程よくスパイスが効いて、いくつでも食べられそう!
ブラジルの魚介シチュー「ムケッカ」(税込み1,300円)ブラジルの魚介シチュー「ムケッカ」(税込み1,300円)
メイン料理は「ムケッカ」。エビなどの魚介類と野菜をじっくり煮込んだ濃厚なシチューです。一口食べると、じんわり広がる複雑な風味。トマトベースにコリアンダー、クミン等のスパイスがメリハリをつけます。ココナツミルクが全体をマイルドに仕上げて、何だかとっても幸せなお味!ボリュームも満点です。
タピオカ粉を使ったデザート「タピオカ」(税込み630円)タピオカ粉を使ったデザート「タピオカ」(税込み630円)
デザートは、ブラジルのポピュラーな屋台料理「タピオカ」。タピオカ粉を薄く焼いたクレープ状の生地に、チョコソースとバナナが挟んであります。バターとコンデンスミルクでチョコの風味を活かしたソースに、バナナ本来の甘さが優しいお味。タピオカ粉の生地は短時間で硬くなるため、風味を味わうのは時間との勝負!出来たては、外はカリッと中はもちっと、独特の食感が楽しめます。

埼玉での地中海アラビア料理店立ち上げで出会ったシェフとの出会いから、アジア料理を知って感銘を受けた鷲田シェフ。「自分の知らないおいしいものを探そう」と各国の料理を勉強したそうです。「日本人の口に合うことは大切にしながら、現地の人にも通用する料理を作りたい。各国の文化をリスペクトし、その料理に近づけることを念頭にメニューを作っています」と、想いを語ります。
すぐ向かいには観光農園「あわじ花山水」があります(写真提供:あわじ花山水)※現在は休園中すぐ向かいには観光農園「あわじ花山水」があります(写真提供:あわじ花山水)※現在は休園中
テイクアウトのホットドッグ(写真提供:エピスパ)※現在は提供終了テイクアウトのホットドッグ(写真提供:エピスパ)※現在は提供終了
あじさいをイメージしたお弁当(写真提供:エピスパ)※現在は提供終了)あじさいをイメージしたお弁当(写真提供:エピスパ)※現在は提供終了)
今年6月には、「あわじ花山水」のあじさい園のオープンとタイアップして、テイクアウトのホットドッグやお弁当、あじさいに見立てたシュークリームを提供。同園オーナーで竹原集落の発展に努める水田進さんも「エピスパの3人はマナーが良くて、地域に溶け込もうとする意識が強く、この店が来てくれたことがウチの集落にとっては嬉しすぎて!」と、同店を高く評価します。
テラス席はワンコとの食事もOK<br />
テラス席はワンコとの食事もOK

ちなみに「ÉPiSPa」とは、フランス語でスパイスを意味する「Épice」エピスと英語のスパイス「Spice」を合わせた造語とのこと。鷲田シェフの「スパイスやハーブを、料理や生活にもっと自然に取り入れたい」との想いが込められている店名です。
緑に満ちたお店へようこそ緑に満ちたお店へようこそ



「ÉPiSPa」まで自動車で来られる際には、途中に細い道路も多いので、くれぐれも安全運転で来てくださいね。頑張ってたどり着いた先には、すばらしいグルメと景色の「桃源郷」が待っていますよ。

写真

詳細情報

場所
ÉPiSPa エピスパ
(洲本市千草戊53-3)
GoogleMapで探す
開店時間
Lunch 11:30〜14:30 ラストオーダー
Tea time 14:30〜16:30 (16:00 ラストオーダー)
Dinner 18:00〜22:30 (20:30 ラストオーダー)
(Dinnerは3日前までの完全予約制)
定休日
水・木曜日
TEL
050-3442-5532

Kiss PRESS編集部:児島

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる