街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

人気洋菓子店の隠れた名物「家で食べられるパフェ」

『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区

神戸市垂水区本多聞の大通り沿いに、小さいながらもパッと目を引くお店があります。『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』は、生菓子・洋菓子店として2011年にオープン。以来、地元ファンだけでなく、お菓子好きが遠方からも訪れるという人気のお店です。
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
パリの街角を思わせるきれいなブルーの扉を開くと、ショーケースに並ぶ美しいケーキが目に飛び込んできます。思わず「美しいケーキですね」と声をかけると、「デザインは最小限です」と意外な答えが返ってきました。


『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
オーナーパティシエの砂﨑さんにお話をうかがいました。「味に関係ないものは使いません。ただ、断面などはきれいに見えるように気をつけています」とのこと。そういわれてみると、緑の葉っぱや食べられない飾りなどは何も乗っていません。乗っているのはフルーツかクリームだけで、ケーキによっては何もデコレーションされていないものもあります。

それでもやっぱり美しい!本場フランスで働いた経験のある砂﨑さん。伝統的な手法を大切にされているとのこと。デコレーションが最小限であってもこんなに惹きつけられるのは、高い技術力と繊細な心遣いを持ち合わせた砂﨑さんだからこそなせるわざなのだと思います。
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
今回は、期間限定で発売されている「パフェ」を取材させていただきました。先ほどのお話を聞いた後なので、「パフェ」は意外な気がしましたが・・・

「パフェ」が誕生したのは2年前だそう。系列店「Essenze(エセンツェ)」のジェラートとコラボできるものをと考えたのがきっかけだとか。傷がついて一般には販売が難しいフルーツを農家から買い取って使ったり、普段ケーキ類には使わない“和”の素材を使ったり、これまでの『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』とは異なる、新たな試みが詰まった商品のようです。テーマは「家で食べられるパフェ」。
「トロピカルのパフェ」、「いちごのパフェ」、「柑橘のパフェ」すべて780円(税込)※ジェラートトッピングは+200円「トロピカルのパフェ」、「いちごのパフェ」、「柑橘のパフェ」すべて780円(税込)※ジェラートトッピングは+200円
美しいパフェ!左から、「トロピカルのパフェ」、「いちごのパフェ」、「柑橘のパフェ」。「いちごのパフェ」にはジェラートを乗せてもらいました。

こちらのパフェ、1つがなんと7〜10層になっているんです!例えば「柑橘のパフェ」は、上から順番に、①そぼろ状のクッキー生地シュトロイゼル②カモミールティーと白ワインのジュレ③柑橘の果実④お抹茶の葛プリン④チーズケーキ⑤小夏のマーマレード⑥フロマージュブランクリーム⑦小夏のジュレ⑧柑橘の果実⑨パンナコッタ。

さっそくいただきます。良い香りのするジュレにジューシーな果実がよく合って爽やかです。上に乗ったそぼろ状のクッキーはサクサクのまま。真ん中あたりの葛プリンとチーズケーキ、クリームは食べごたえ十分。甘すぎず、プルプルの葛プリンの食感も楽しいです。下の方には、ミルクたっぷりのパンナコッタにフレッシュな果実。小夏のジュレがそれらをマッチさせています。これは、ひとつで何種類もの洋菓子をいただいたような満足感があります!ボリューム満点ですが食べ終わった後もスッキリ。すぐにもうひとつ食べられそうです。

「家で食べるパフェ」なので、家に持ち帰ってからいただきましたが、それぞれが溶けて混ざってしまうようなことはなく、そしてどれも食感が失われていないことにも驚きました。

お話をうかがうと、すごく“手間のかかる”パフェでした。例えばそぼろ状のクッキーは、持ち帰る間にベタッとしてしまわないようにチョコレートでコーティングしているのだとか。他のものも時間が経って混ざり合ってしまわないように、素材、調理法、重ねる順番などが計算し尽くされています。これはもはや、ひとつの器に収められた芸術では?!と思うほど。
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
上に乗せるジェラートは、あり、なしが選べます。すぐに食べるなら、ありがおすすめ。チケットを購入して、2軒隣の「Essenze(エセンツェ)」に持って行ってジェラートを選ぶスタイルも楽しいです。
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』は焼菓子の種類も豊富です。素敵なブルーの箱は贈り物にもぴったり。販売されている焼菓子には、原材料だけでなく糖質が記載されています。病院の協力要請を受けて、5年ほど前から糖質を知る必要のある人のためにひとつひとつ調べて表示するようにしているのだとか。「大手企業のお菓子には栄養表示がされていますが、小さなお店のお菓子でそこまで対応しているものは少ないです。糖質をコントロールしている方にも選択の自由を楽しんでもらいたい」と砂﨑さん。細やかな気配りのおかげでおいしいお菓子を楽しめる人がきっと増えたはずです。
『butterflyeffect(バタフライエフェクト)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]



ケーキや焼菓子に加えて、お店で食べることが当たり前だった「パフェ」を、家でゆっくりといただけるなんて画期的ですよね。美しい見た目にワクワク、食べて満足間違いなしです。「パフェ」の内容は季節によって変わります。最新の情報は、お店のInstagramをチェックしてみてくださいね。

写真

詳細情報

住所
butterflyeffect(バタフライエフェクト)
(神戸市垂水区本多聞2-10-23)
GoogleMapで探す
営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日・木曜日
TEL
078-781-7890

Kiss PRESS編集部:井出

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる