街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

夏バテ予防にもぴったり!身体が喜ぶコラーゲンスープ

ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市

阪神甲子園駅から徒歩10分、阪神甲子園球場の西側に4月29日オープンした「KUON ODASHI LABORATORY(クオン オダシ ラボラトリー)」に行ってきました。同店は、ほねのおだし・ボーンブロスを製造し、テイクアウト販売を行う工房です。そのほか、西宮で1番スパイスやハーブがそろい10グラム単位で販売しています(営業日は金・土・日曜、オンライン販売もあり)。
外観 ※提供:KUON ODASHI LABORATORY外観 ※提供:KUON ODASHI LABORATORY
日常的には聞きなれない「ボーンブロス」とは、牛・鶏・豚・魚・ジビエなどの骨を長時間煮込むことにより、身体に必要な栄養素と旨みをたっぷりひきだしたダシスープのことです。



ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
2014年にニューヨークでブームが訪れたのをきっかけに、便通の改善や免疫力のアップ、ストレス緩和などが期待され、世界中の健康志向の人から愛されているようですよ。
スープ 小450円~、大1,360円~(ともに税込) ※提供:KUON ODASHI LABORATORYスープ 小450円~、大1,360円~(ともに税込) ※提供:KUON ODASHI LABORATORY
スープは牛・鶏などあわせて常時約10種類そろいます。1日200グラム摂取すると健康に良いといわれていて、1人からでもはじめやすい「小」(200g)と、家族でシェアしやすい「大」(800g)といった、シーンにあわせて購入しやすいラインナップ。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
どれもカラフルな色ですが、着色料などではなく野菜そのもの鮮やかなカラー。すべて無添加で作られています。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
常に旬の素材を使っているため、スープのベースは同じですが野菜は日替わり。移り変わりが激しいときだと、1週間ごとに新しい味に出会えることもあります。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
手前から「韓国錦山(クムサン)産 高麗人参入り参鶏湯(サムゲタン)風 コラーゲンスープ」と「葉にんにく&葉人参のジェノベーゼ風コラーゲンポタージュ」。
韓国錦山(クムサン)産 高麗人参入り参鶏湯(サムゲタン)風 コラーゲンスープ 650円(税込)韓国錦山(クムサン)産 高麗人参入り参鶏湯(サムゲタン)風 コラーゲンスープ 650円(税込)
スーパーフードのクコの実や、なつめ、松の実などがごろごろと入り、あっさりながらも素材の深みが感じられる一杯。赤鶏むね肉はしっとりとやわらかく食べ応えは十分。夏バテや体力回復にもぴったりですね。
葉にんにく&葉人参のジェノベーゼ風コラーゲンポタージュ 650円(税込)葉にんにく&葉人参のジェノベーゼ風コラーゲンポタージュ 650円(税込)
ジェノベーゼ風コラーゲンポタージュは、店主1番のお気に入り。有機にんにくの芽や有機キャベツをペースト状にして濃厚な旨みがたっぷり。パルミジャーノレッジャーノと胡椒をピリッと効かせたパンチのあるスープで、後味の余韻がクセになります。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
そのままスープとして楽しんでも、パスタやじゃがいもとあえてアレンジするのもおすすめだそう。ヘルシーなので帰宅が遅くなってしまったときの夜ご飯としても安心して食べられますね。
店内椅子はありますが、現在はテイクアウト販売のみを行っています店内椅子はありますが、現在はテイクアウト販売のみを行っています
朗らかな女性店主の石本さんは、昨年の夏までは会社員だったそう。アパレル関係の仕事に務め、海外出張も多いなか、ふらりと韓国で立ち寄ったスープ専門店に魅了され“日本にもこんなふうに気軽に栄養が摂れる食事やお店があったらいいのにな”と独学で勉強。
牛のほねは、丸3日ぐつぐつと煮込みます ※提供:KUON ODASHI LABORATORY牛のほねは、丸3日ぐつぐつと煮込みます ※提供:KUON ODASHI LABORATORY
もともと栄養に関する知識は豊富だったそうですが、学ぶうちに「ボーンブロス」にたどり着き、ホルモン剤・抗生剤不使用の牛の骨や、国産有機牛の骨など、手配・調理を自ら行い、急ピッチで店舗を構えるまでに至りました。
ひまわり油や醤油、鍋やスパイス用ガラスボトルなども片隅で販売ひまわり油や醤油、鍋やスパイス用ガラスボトルなども片隅で販売
店主は「毎日続けるとなるとなかなか高価なものですが、朝のコーヒーをボーンブロスに1日1食置き換えることで身体の変化はすぐに表れると思います。わたしは、毎日飲み続けて半年で体重が5キロ軽くなりました。」と、驚きのエピソードも語ってくれました。介護が必要なお母さんの食事にと毎週訪れるお客さんもいるそうです。
入り口には店主のお気に入り李朝家具が飾られています入り口には店主のお気に入り李朝家具が飾られています
毎日は難しくても週に2~3回から取り入れることで、ガンマーgtpの数値が下がったり、ハードなファスティング(断食)の回復食としても効果的だそうです。自宅で丸3日間骨を煮込むとなると手間暇かかりますが、同店の商品だと湯煎するだけで簡単に栄養が取れるのはうれしいですね。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
ボーンブロスだけでなく、西宮でおそらく1番スパイスやハーブがそろいます。約140種のなかから10グラム単位(10グラム未満は切り上げ)で購入が可能。
スパイス 10グラム40円~(税込)スパイス 10グラム40円~(税込)
基本は自分で好きなスパイスを量りながら袋につめて会計をしてもらう流れですが、落ち着いているときは相談にのってもらいながらチョイスすることもできます。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
筆者はスパイス初心者だったので「カレーに入れるとおすすめのスパイスは?」「使いやすく万能なスパイスは?」などと、たくさんアドバイスをもらいながら選びました。
スパイス5種類購入!10グラムずつ、全部で250円(税込)スパイス5種類購入!10グラムずつ、全部で250円(税込)
すべて10グラムずつ購入したのでお買い得!サラダにそのままかけてもおいしいクミンシードや、カレー屋さんでよく耳にするガラムマサラやキッチンキングマサラなど5種類。後日、炒め物の仕上げにプラスしてみましたが、いつもの味が少量のスパイスを加えることで独特な深みを引き出すことができ、一気に料理上級者にランクアップした気分になれました。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
スパイスは保存方法が悪ければすぐに劣化して風味や香りが落ちてしまうため、必要な分だけ無駄なく購入できるのがいいですね。
KUONのとりかわ 500円(税込)KUONのとりかわ 500円(税込)
隠れ人気メニューの「KUONのとりかわ」も販売中。ほねのおだし(ボーンブロス)を引くときに排除していた鶏の皮をオーブンで素焼きすると、鶏自身の脂でこんがりきつね色に揚がってバリバリに。いわばノンオイルフライなんです。
KUONのとりかわは店内で試食も可能KUONのとりかわは店内で試食も可能
脂っこくなく塩胡椒だけのシンプルな味付け。軽い食べ心地なので、ビールのアテとして堪能しても罪悪感がちょっぴり薄れます。
ボーンブロス専門店「KUON ODASHI LABORATORY」実食レポ 西宮市 [画像]
同店に訪れたことで、毎日健康的な暮らしを送るためにも“栄養バランスの良い食事を心がけないとな”と、改めて身が引き締まりました。
袋のまま数分湯煎するだけでOK!袋のまま数分湯煎するだけでOK!



これからの気分が落ち込みやすい梅雨時期や、夏バテ予防にもおすすめ。心と身体をボーンブロスでリフレッシュしてくださいね。

詳細情報

店舗
KUON ODASHI LABORATORY(クオン オダシ ラボラトリー)
(西宮市甲子園網引町4-20)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00~19:00
※金曜・土曜・日曜のみ営業
※オンラインショップはこちらから
定休日
月曜・火曜・水曜・木曜
TEL
0798-47-5151

Kiss PRESS編集部:廣田

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる