パラリンピック初出場上地結衣選手

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

パラリンピック初出場上地結衣選手

熱く盛り上がったロンドンオリンピックが終わると同時に始まった『ロンドン2012パラリンピック競技会』。20競技に約4,200人が参加する。今回、明石から車いすテニスの日本代表としてシングルス・ダブルス共に初出場される上地結衣選手にお話を伺いました。


初出場が決まった時はテスト期間中。試験にも日本代表発表にもドキドキだったと振り返る上地結衣さん。生まれつき潜在性二分脊椎症という彼女が車いすテニスを知ったのは11歳。「遊び感覚で始めたのですが、次第に真剣にやりたいと思いました」。初めての試合では一回戦負けだったが、なかなか勝てない悔しさと、次第に勝つ喜びも味わい、さらにやる気を駆り立てられた。信頼を寄せる千川コーチとの練習は「今まで感覚でプレーしていたのですが、ショットやゲームメイクなど全てを考えて、自分の意図する方向にプレーすることを教わっています」。コーチとの感覚がピタリと合った時、テニスの楽しさを実感する。初めてのパラリンピックについては「会場の雰囲気や試合の緊張感等、いろいろ経験したいです。その中でのびのびといつもの自分のプレーができればと思います」。テニスをしていたからこそ出逢えた選手たちとの交流や、バックアップしてくれている「上地結衣選手を応援する会」や地域の応援も自分の成長に繋がったと感謝する結衣さん。「globeの曲が大好きなんです!車の免許も取りたい!」と18歳の等身大の笑顔を見せてくれた彼女の新たな挑戦に熱い声援を!

<かみじ ゆい>
1994年4月24日兵庫県明石市出身。明石商業高校の3年生。小学5年生から車いすテニスを始め、現在国内ランキング1位。全日本選抜車いすテニス選手権大会のシングルス4連覇を達成している。アグレッシブでどんどん攻めていくプレーが魅力。

写真

詳細情報

開催名
ロンドン2012パラリンピック競技会
(障害者スポーツの国際競技大会)
開催期間
8月29日(水)から9月9日(日)まで
競技
車いすテニス、シッティングバレーボール、ウィルチェアーラグビーなど20競技
 
期間中TVハイライトをNHKで連日放送予定
上地選手
出場記録
(ラウンド32)
9月1日19:00(日本時間)
女子 シングルス トーナメント (ラウンド32)
上地結衣(日本)2 -0 Louise Hunt(英国)
6-1
6-1
上地選手
出場記録
(ラウンド16)
9月3日19:00(日本時間)
女子 シングルス トーナメント (ラウンド16)
Annick Sevenans(ベルギー) 0-2 上地結衣(日本)
6-7
2-6
上地選手
出場記録
(準々決勝)
9月4日
女子 シングルス トーナメント (準々決勝)
上地結衣(日本)0 -2 Aniek Van Koot(オランダ)
6-7
5-7

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる