兵庫五国を楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
海洋科学技術国際コンベンション「Techno-Ocean2021」神戸市中央区

海底に眠るお宝を掘り出すマシンを日本初公開

海洋科学技術国際コンベンション「Techno-Ocean2021」神戸市中央区

神戸国際展示場2号館(神戸市中央区)で12月9日から11日まで、海洋科学技術国際コンベンション「Techno-Ocean2021」が開催されます。世界で初めて海底に眠る貴重な鉱物資源「コバルトリッチクラスト」の掘削に成功した機械の実機を日本初公開!
海洋科学技術国際コンベンション「Techno-Ocean2021」神戸市中央区 [画像]
脱炭素社会を実現していくため電気自動車や洋上風力発電など様々な技術開発やプロジェクトが進められており、そのためにはニッケル、コバルト、銅などの金属が益々必要になります。今後、陸上のものだけでは不足することが予想され、海底に眠る資源に注目が集まっています。まさに「海のジパング計画」です。



その開発が世界中で進む中、独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、国家プロジェクトとして昨年7月に南鳥島南方の我が国の排他的経済水域内で世界で初めてコバルトリッチクラストの掘削試験を実施し、成功。クラストには電池材料として不可欠なコバルト、ニッケルが含まれており、試験海域に相当量の資源ポテンシャルが見込まれることから、貴重な国産資源となることが期待されています。

今回60社余りが出展する同イベントの特別展示として、実際に掘削試験に使用された実機を日本初公開。三菱重工業(株)神戸造船所、カヤバシステムマシナリー(株)、住友金属鉱山(株)の3者JVよって製作、幅約3m×長さ約8m、重さ20tの迫力満点の実機です。
過去開催の様子過去開催の様子
また、12月11日にはJOGMECによる一般向け公開講座「海洋鉱物資源開発のみらい ~技術、環境、心意気~」や、小学校5・6年生を対象にしたワークショップ「新発見!海のせかい教室」も行われます。それぞれ定員あり、参加には事前申し込みが必要です。

詳細情報

期間
2021年12月9日(木)~11日(土)

セミナー、ワークショップは11日に開催
※詳細・申し込みはこちらから
場所
神戸国際展示場 2号館
(神戸市中央区港島中町6丁目11-1)
GoogleMapで探す
料金
参加無料

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる