安富ゆず工房の「ゆずしろっぷ」でゆずサワーを作ってみました

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

安富ゆず工房の「ゆずしろっぷ」でゆずサワーを作ってみました

安富特産品のゆずで夜のおうち時間充実

レモンの缶チューハイは好きだけど、たまには違うものが飲みたい!姫路市安富町の特産品にゆずがあるのを思い出し、直売所の「安富ゆず工房」へ行ってきました。ちゃんとオンラインショップがあるのもチェック済みです!
ゆずのオブジェとかかしが目印の「安富ゆず工房」ゆずのオブジェとかかしが目印の「安富ゆず工房」
マスクをしたかかしマスクをしたかかし
自然豊かな光景の中をのんびりドライブ。大きなゆずのオブジェと「かかし」が出迎えてくれました。ここからさらに15分北上すると、姫路出身のミルクボーイが漫才ネタにした「奥播磨かかしの里」がありますよ。
店内はゆずパラダイス店内はゆずパラダイス
直売所の中へ入ると、そこはゆず尽くし。気持ちいいほどゆずを使った商品しか置いていません。
夏に人気の「ゆずゼリー」190円(税抜)夏に人気の「ゆずゼリー」190円(税抜)
ゆず果汁たっぷりの「ゆずゼリー」や「ゆずサイダー」は夏の売れ筋商品だそう。店内の製品は、心を込めて育てられた安富のゆずを使用。秋に収穫したゆずを、お隣の工房で新鮮なまま搾汁し、丁寧にろ過して冷凍保存しているんだそうですよ。
店頭販売限定の作りたてゆず大福 150円(税抜)店頭販売限定の作りたてゆず大福 150円(税抜)
こちらは店頭のみの販売、作りたての「ゆず大福」。生地にはゆずの皮が練り込まれ、中にはゆず果汁入白あんが入っています。他にも姫路の老舗洋菓子店「大陸」とコラボした「ゆずマドレーヌ」やハバネロ入りの「ゆず胡椒」などもありましたよ。
「ゆずしろっぷ」150ml 600円、200ml 800円(税抜)「ゆずしろっぷ」150ml 600円、200ml 800円(税抜)
さて今回の目的は、レモンサワーに代わるドリンクを作ること。ジュースやサワーにぴったりな「ゆずしろっぷ」を購入しました。ラベルの原材料欄に、「砂糖、ゆず、はちみつ」とシンプルに書かれているのも好感が持てます。
「ゆずソフトクリーム」280円(税抜)「ゆずソフトクリーム」280円(税抜)
さらに直売所限定「ゆずソフトクリーム」を試食させていただきました。ゆずの香りがふわっと広がって爽やか~。ソフトクリームとシャーベットの中間のような口当たりです。酸味がないので子どもでもおいしく食べられそうですよ。
安富ゆず工房の「ゆずしろっぷ」でゆずサワーを作ってみました [画像]
こちらのテラス?席でのんびり。
「ゆずしろっぷ」と炭酸と焼酎で「安富ゆずサワー」「ゆずしろっぷ」と炭酸と焼酎で「安富ゆずサワー」
おうちに帰って、「ゆずしろっぷ」と炭酸と焼酎を使って「安富ゆずサワー」作ってみました。プシュって缶をあける手軽さもいいのですが、こうやって自分で作る(混ぜるだけですが)のは満足感が大きいです。甘くて爽やかで美味しかった。ゆずしろっぷは、5倍から8倍に薄めてジュースにするのはもちろん、ヨーグルトに入れても◎安富町はちょっと遠い、って方はこちらのオンラインショップを利用してみてくださいね。電話かFAXで注文できます。また落ち着いたら「奥播磨かかしの里」にも行ってみたいです。

写真

詳細情報

店舗
安富ゆず組合
(姫路市安富町長野320-1)
GoogleMapで探す
営業時間
9:00~17:00
定休日
第2、4月曜日
TEL/FAX
0790-66-2801
オンラインショップ
こちらから

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:中嶋

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる