映画『さんかく窓の外側は夜』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

映画『さんかく窓の外側は夜』

謎を解け。闇を裂け。

霊が「視える男」と「祓える男」運命の出会いは謎の呪いを止められるのか…!?“心霊探偵バディ”が難題に挑むミステリー・エンターテインメント『さんかく窓の外側は夜』が1月22日より公開されます。
©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre<br />
©2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

漫画家・ヤマシタトモコの大ヒット作「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)を、豪華俳優・スタッフ陣によって実写映画化。
映画『さんかく窓の外側は夜』 [画像]
<ストーリー>書店で働く三角康介(志尊淳)は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人(岡田将生)が現れる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と共に除霊作業の仕事をすることに。そんな中、二人は刑事・半澤(滝藤賢一)から、1年前に起きた未解決殺人事件の捜査協力を持ちかけられる。
映画『さんかく窓の外側は夜』 [画像]
調査を進める冷川と三角は、やがて自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、恨みがましい犯人の声が響く―。「ヒウラエリカに…騙された…」犯人の霊を通して視た情報を元に、真相へと近づいていく二人の前に現れたのは、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)。一体何者なのか?連続殺人事件との関係は?死者からのメッセージの謎を解き明かそうとする二人は、やがて自身の運命をも左右する、驚愕の真実にたどり着く…。

詳細情報

公開日
2021年1月22日(金)
原作
ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)
監督
森ガキ侑大
脚本
相沢友子
出演
岡田将生、志尊淳、平手友梨奈 ほか
配給
松竹
劇場(兵庫)
神戸国際松竹
109シネマズHAT神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
MOVIXあまがさき
イオンシネマ明石
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
イオンシネマ三田ウッディタウン
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ加古川

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる