芦屋市民センター シュトックハウゼン『マントラ』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

芦屋市民センター シュトックハウゼン『マントラ』

演奏時間は約70分!音楽史上で伝説的な超大作

芦屋市民センター ルナ・ホールで1月9日、1970年の音を聴く2台のピアノと電子音響のためのシュトックハウゼン『マントラ』が開催されます。1970年に開館したルナ・ホールの開館50周年記念、そして芦屋市制施行80周年記念行事となります。
芦屋市民センター シュトックハウゼン『マントラ』 [画像]
2台のピアノと電子音響のための「マントラ」は、20世紀ドイツが生んだ大作曲家、カールハインツ・シュトックハウゼンが同じ1970年、日本万国博覧会での演奏のために来日、ドイツ館での連日の演奏のさなかに構想し、その後の作曲へのターニングポイントともなった代表作のひとつです。

2人のピアニストが超絶技巧のピアノパートの演奏に加え、打楽器を鳴らし、電子音を同時に操作する難曲で、演奏時間はなんと約70分!長大な交響曲にも匹敵する音楽史上で伝説的な超大作です。実演には膨大なリハーサルを要すとあって、これまで日本で演奏される機会は稀。作曲から50年を経て、関西での初演になります。

出演するピアニスト・浦壁信二さんと大井浩明さんは2014年以来ドゥオを結成。マーラー、R.シュトラウス、ショスタコーヴィチ、バルトーク、ストラヴィンスキー等のピアノ版の世界初演・日本初演に加え、ブーレーズ・バートウィッスル・ツィマーマンから邦人作品に至る、幅広いプログラミングで既に10公演の共演を重ねています。今回が初の関西公演!さらに電子音響の第一人者である有馬純寿さんを迎えて、完全な布陣で演奏されます。

詳細情報

日時
2021年1月9日(土)
15:00開演(14:15開場)
場所
芦屋市民センター ルナ・ホール
(芦屋市業平町8-24)
GoogleMapで探す
料金
前売り3,000円、当日3,500円(全席指定)
高・大・大学院生 2000円(当日同じ)
小・中学生1,500円(当日同じ)
チケット販売
・芦屋市民センター Web予約

・芦屋市民センター事務所(9:00~17:30、日祝は17:00まで)
 ※火曜日休館、12月27日〜1月5日は年末年始休み

・芦屋市役所売店
 ※12月29日〜1月3日は年末年始休み

・ローソンチケット(Lコード56705)
問い合わせ
芦屋市民センター「ルナ・ホール事業」担当
TEL 0797-35-0700

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる