焼売スタンド『イノスケ』オープン 姫路市

ジューシーなのにあっさりな姫路発のとり焼売

焼売スタンド『イノスケ』オープン 姫路市

 3月28日、姫路駅前に焼売スタンド『イノスケ』がオープンします。

 “焼売スタンド”という興味をそそる店名のこちらは、加古川市に本社を構え、和食レストラン「ごちそう村」で知られる株式会社入船の新業態。近隣の仕事帰りの女性会社員を主なターゲットに“次世代のネオ大衆酒場”として営業するそうです。

 店内で手づくりした包みたて、蒸したての焼売が提供され、看板メニューは鶏のむね肉を使用し、酢醤油で食べる焼売「姫路発 とり焼売」。玉ねぎと生姜がたっぷりでジューシーなのにあっさりとしており、“何個でも食べられちゃう!”とのこと。1個90円という価格も嬉しいですね。また、チーズにほんのりバジルの風味がたまらない「とりチーズ焼売」もあり、これは特に女性が好きそう!メニューには、焼売だけではなく、アテやサラダ、逸品、炒め、揚げ物などもありますよ。

 ゆっくり飲めるテーブル席と立ち飲み感覚でサクッと飲めるカウンター席があり、24時まで営業されているので2軒目・3軒目使いにもいいですね。毎日16時から18時はハッピーアワーが実施され、生ビールとハイボールが半額になる嬉しいサービスも。3月28日から4月2日までの6日間は「姫路発 とり焼売」2個が無料で提供されるオープン記念も行われます。周辺で働く方々は仕事帰りに立ち寄ってみては?

写真

この記事をシェア

お気に入り
オープン日
2020年3月28日(土)
店名
焼売スタンド「イノスケ」
(姫路市十二所前町63 KS東ビル100)
GoogleMapで探す
営業時間
16:00〜24:00
TEL
079-288-3747
アクセス
JR姫路駅姫路城口(北口)より徒歩約10分
山陽電鉄本線山陽姫路駅出口より徒歩約6分

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む