武庫川線で新たなデザインの車両が運行、「野球」にちなんだデザインに

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

武庫川線で新たなデザインの車両が運行、「野球」にちなんだデザインに

 阪神電気鉄道株式会社では、武庫川線で運行している車両を置き換えることとし、新たなデザインの車両が2020年5月末に武庫川線で運行を開始予定。

 今回投入される車両は、これまで本線及び神戸高速線で各駅停車として運行してきた普通用車両5500系を、武庫川線で運行するために改造するとともに、外装及び内装に新たなデザインが施されたもの。武庫川線は西宮市内にあり、阪神甲子園球場や鳴尾浜球場が近接していることから、車両の新たなデザインのテーマを「野球」として装飾され、「阪神タイガース」と「阪神甲子園球場」をテーマにデザインした2編成が完成した。

 阪神タイガースをモチーフとした「タイガース号」は、 外装は阪神タイガースをイメージさせる「黄色」と「黒色」をベースとし、内装はユニフォームをイメージした壁面デザインとなっている。阪神甲子園球場をモチーフとした「 甲子園号」は、外装は阪神甲子園球場の蔦、芝、白線をイメージさせる「緑色」と「白色」をベースとし、内装は、床面に阪神甲子園球場の土、マウンド等を、壁面には球場外壁のレンガをイメージしたデザインが施された。

 また、武庫川線での運行開始日及び現在改造工事中の残りの編成のデザインテーマについては、後日発表されるという。

写真

詳細情報

運行開始日
2020年5月末予定

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる