src-web03
阪神・淡路大震災25年『9131 -絵がつなぐ あの日とそれから-』神戸市中央区

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

阪神・淡路大震災25年『9131 -絵がつなぐ あの日とそれから-』神戸市中央区

鳥瞰図絵師・青山大介さん、漫画家・ひうらさとるさんら参加

 神戸市中央区の三宮センター街フラワーロードから京町筋の間のエリア(1月17日~19日)と兵庫県立美術館(1月22日から31日)にて、『9131 -絵がつなぐ あの日とそれから-』が開催される。入場無料。

 同展は、震災から25年を迎えるにあたり、防災・減災への関心や理解を深めるきっかけになればと実施。震災15年目に被災者本人が描いた「震災当時の絵」を震災から9131日目となる 2020年1月17日より改めて展示するとともに、今回改めて絵の作者に取材した内容を踏まえ、兵庫ゆかりの漫画家・アーティスト等9人が新しい絵を描き、合わせて展示される。

 参加作家は鳥瞰図絵師・青山大介さん、イラストレーター・有村綾さん、いとうのいぢさん、漫画家・海野つなみさん、ひうらさとるさんら9組。「“あの日”からの9131日のストーリー」がそれぞれの絵で表現される。

写真

詳細情報

詳細
■2020年1月17日(金)~19日(日)9:00~18:00
三宮センター街会場(フラワーロードから京町筋の間のエリア)
(三宮センター街1丁目)
GoogleMapで探す

■2020年1月22日(水)~31日(金)10:00~18:00
兵庫県立美術館会場 ギャラリー棟1階 アトリエ1
(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)
GoogleMapで探す
※月曜休館、入館は17:30まで
入場料
無料

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる