このイベントは終了しました。

「ベートーヴェンの森」特別演奏会でボディソニック(体感音響システム)体験者を募集

音と一緒に全身で音楽を楽しむ

 神戸文化ホール(神戸市中央区)中ホールで1月11日に開催される『生誕250年 ベートーヴェン・チクルス “ベートーヴェンの森 第1回”』のボディソニック体験者を募集している。申し込みは12月18日まで。

 神戸市室内管弦楽団では、2020年にベートーヴェンが生誕250年を迎えることを記念し、「ベートーヴェンの森」と題した連続演奏会(全7回)を約1年にわたり開催。ボディソニックとは、振動装置が組み込まれたポーチとザブトンクッションから、振動が身体に伝わり、聴覚に障がいのある人(補聴器を使っている難聴、中途失聴の人)も、ヘッドフォンやヒアリングループ(磁気ループ)からの音と一緒に全身で音楽を楽しむことができる体感音響システム。

 聴力を失いながらも後世に残る数々の名曲を生み出したことでも知られるベートーヴェンにちなみ、聴覚障がいのある人も音楽を楽しめるように導入された。当日は、「交響曲 第4番 変ロ長調 作品60」や「ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73『皇帝』」、「交響曲 第5番 ハ短調 作品67『運命』」といったベートーヴェンの名曲が披露される。

 担当者は「聴覚障がいのため、これまで演奏会に行くことをためらっていた方も、この機会に生演奏をぜひ体感してみませんか」と参加を呼び掛けている。

開催日
2020年1月11日(土)
時間
15:00開演 ※14:30開場
場所
神戸文化ホール 中ホール
(神戸市中央区楠町4丁目2-2)
GoogleMapで探す
参加費
無料
対象
聴覚に障がいのある人(小学生以上)
定員
20人
※応募者多数の場合抽選
申し込み締め切り
12月18日(水)必着
申し込み方法
公式サイトから確認
問い合わせ
info@kobe-ensou.jp

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む