生田神社の初詣 神戸市中央区

境内には約120軒もの屋台が軒を連ねる

 生田神社(神戸市中央区)は神戸を代表する初詣スポットとして、正月三が日には毎年150万人以上が訪れる。

 縁結び・恋愛成就・安産祈願の神様として知られる同神社は、かつて神戸市中央区一帯は同神社の社領であり、それが「神戸」という地名の語源となったことから、神戸のルーツ“生田さん”として親しまれている。1月1日は午前0時に門が開場、宮司が打つ初太鼓と共に楼門上で神戸太鼓が打ち鳴らされ、新年の始まりを盛大に祝う。三が日は境内に約120軒もの屋台が並び、たこ焼きやから揚げ、ベビーカステラをはじめとする定番メニューのほか、サザエのつぼ焼きといったB級グルメも販売される予定となっている。

期間
2020年1月1日(水・祝)~3日(金)
場所
生田神社
(神戸市中央区下山手通1丁目2-1)
GoogleMapで探す
問い合わせ
生田神社
TEL 078-321-3851

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:徳岡

続きを読む