水にこだわる高級食パン『銀座に志かわ』ソリオ宝塚にオープン

絹のようにしっとり、淡雪のような口どけ

 水にこだわる高級食パン『銀座に志かわ』が10月10日、ソリオ宝塚(宝塚市栄町)にオープンする。

 昨年9月に銀座に誕生し、“行列のできる食パン店”として話題を集めている「銀座に志かわ」。3年で100店舗を目標に、現在は青森から沖縄まで全国に約25店舗を展開している。兵庫では、今年6月に阪急塚口店、7月に神戸三宮店のオープンに続く3店舗目。

 同店で販売されているのは「水にこだわる高級食パン」の1種類のみ。カナダ産高級小麦粉にはちみつ・生クリーム・バターを合わせ、仕込み水には素材のエキスを引き出して味わい深く仕上がることで知られているアルカリイオン水を使用することで、ほんのり甘く、もちもちとした、耳まで柔らかい口溶けの良い食パンに仕上げている。しっとりとしたのど越しとモチモチ食感を堪能するには購入1 日目の生食、2日目以降はトーストして外はカリッと中はふんわりした食感で、生食で得られないような香ばしさを味わうのがおすすめだという。

 10月1日、12時より電話にて事前予約受付開始。営業時間は10時から18時としているが、各日売り切れ次第終了となる。

続きを読む