六甲高山植物園『小便小僧のマント着せ行事』 神戸市灘区

今年は「フクジュソウ」をテーマにデザイン

 六甲高山植物園(神戸市灘区)で11月3日、「小便小僧のマント着せ行事」が開催される。

 本格的な冬を迎える前に“同園のアイドル”「小便小僧」に暖かいマントを着せる恒例の行事で、今年で46回目を迎える。1962年に彫刻家の榎本健二郎さんが息子をモデルに制作した小便小僧が冬でも寒くないようにとマントを着せたのが始まりという。今年は、神戸芸術工科大学の学生が「フクジュソウ」をテーマにデザインし、全34作品の中から来園者の人気投票によってデザインが選出された。当日はこのマントを着た「小便小僧」が披露されるほか、同行事後には先着200人に温かいスープの振る舞いも行われる。

続きを読む