六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』秋バージョン「秋は夕暮れ」

Lightscape in Rokko ~Autumn Version~
見晴らしの塔 ライトアップ
 自然体感展望台 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ/神戸市灘区)で六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』の秋バージョンが9月1日から実施される。11月30日まで。

 1000万色以上の色彩表現ができるLED照明を使用し、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光の演出が行われる。春、夏に続く秋バージョンでは「秋は夕暮れ」と題し、夕日が山の端差し込み、鳥が寝床に飛び急ぐさまや、隊列を組んで飛ぶ雁などの姿が表現され、照明デザイナー・伏見雅之さんの約7分間の演出が繰り返し実施される。

 また、9月13日から始まる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019」出展作品として、見晴らしの塔と見晴らしの塔近隣のカフェ「グラニットカフェ」も伏見さんの演出によってライティングされる。
日程 2019年9月1日(日)~11月30日(土)
場所 自然体感展望台 六甲枝垂れ
(神戸市灘区六甲山町五介山1877-9)
GoogleMapで探す
時間 17:00~21:00(20:30受付終了)
※天候等により変更する場合あり
入場料 大人(中学生以上)300円、小人(4歳~小学生)200円
※消費税率変更の際は、価格改定あり
問い合わせ 六甲ガーデンテラス
TEL 078-894-2281

掲載日:2019/8/21 00:00
Kiss PRESS編集部:伊吹

人気の記事



Page Top