神戸のミニシアター4館による映画祭『~淀川長治のまち~KOBE CINEMA PORT フェス 2019』

 9月1日から30日まで、神戸アートビレッジセンター(神戸市兵庫区)、元町映画館(神戸市中央区)、パルシネマしんこうえん(神戸市兵庫区)、Cinema KOBE(神戸市兵庫区)といった神戸のミニシアター4館で合同映画祭『~淀川長治のまち~KOBE CINEMA PORT フェス 2019』が開催される。

 日本で初めて映画が上陸したといわれる神戸には、映画文化の発展のため活動を続ける個性豊かな映画館が複数存在。また、評論家の淀川長治さんなども輩出され、これまでにも「神戸100年映画祭」や「淀川長治メモリアル」など様々な映画祭が開催されている。

 メイン期間である9月14日から23日には、各館が同フェスのために企画した特別作品を上映。普段とは趣向の違う上映ラインナップを楽しめるという。元町映画館ではフィンランドとの外交樹立100周年を記念して「WE♡FINLAND」特集を開催。『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』と『かもめ食堂』(35mmフィルム上映)を上映する。各館共通で使えるチケットでは映画鑑賞のほか、参加飲食店や施設でも対象メニューやサービスと引き換えることができる。各会場のチケット使用可能日、必要枚数は各館の公式サイトで確認。
期間 2019年9月1日(日)~30日(月)
場所 神戸アートビレッジセンター(KAVC)
(神戸市兵庫区新開地5丁目3-14)
GoogleMapで探す

パルシネマしんこうえん
(神戸市兵庫区新開地1丁目4-3)
GoogleMapで探す

Cinema KOBE
(神戸市兵庫区新開地6丁目2-20)
GoogleMapで探す

元町映画館
(神戸市中央区元町通4丁目1-12)
GoogleMapで探す
料金 6枚綴り共通チケット
前売3,000円、当日 3,600円
※映画鑑賞はチケットではなく通常通り料金の支払いでも鑑賞可能

掲載日:2019/8/27 00:00
Kiss PRESS編集部:永山

人気の記事



Page Top